2021年03月28日

手作りコースター。

お客さん来た時用のコースターが欲しいんだよね
お母さん、作れない?

って母に話したのが、木曜日のこと。

もう出来上がって届きました。

20210328_232007.jpg

余ってるハギレを使って、作ってくれました。

退職し、またアルバイトとして再雇用されて
でも周りの事情もあって休んだり、働いたり、を
繰り返してて、
今は“暇な時期”だそうで、裁縫ばかりしてるみたい。
なので、お願いしてみました。

猫の形で可愛い!

ありがとう、お母さん。
栞も、気に入って使うことでしょう〜。


posted by ちぃ at 23:35| 日記

2021年03月26日

ピクニック。

思いつきで
急だったけど、ピクニックに行きました。
なのでお弁当ではなく、ハンバーガーを買って。
レジャーシートを持って行って
広い芝生で、家族だけで昼食を。

20210326_130716.jpg

とてもいい天気で気持ち良かったです。
お花見…出来れば良かったけど
桜の木が全然ない公園で、ただの“ピクニック”となりました。
桜があったら、もっと人が多かったかもしれないしね、
ちょうど良かったな。

餌をもらい慣れているハト達は
自分からこちらに寄ってきます。
実が「ハトさん、ナゲットだよー!」と言って
見せていたのが、可笑しくて可愛くて。
20210326_131034.jpg

少し遊具でも遊びました。
20210326_140140.jpg
栞は、本当におとなしい遊びが好きで…。
これは本当は
うんていのようにぶら下がって渡る遊具なのに
それの下の方に座って、ブランコ代わりにして
しばらく遊んでいました。

あまり長居は出来ませんでしたが
栞も実も、たくさん遊んで走って嬉しそうでした。


花見ではないし、宴会でもない。
家族4人で昼食を屋外で食べただけです。
外食はずっと店内では食べずに
テイクアウトしか利用しないようにしているので
“家ではない所、外で食べる”のは、とても久しぶりでした。

引き続き不要不急の外出自粛。
こんな日常でさえも
誰かに否定されてしまうのかもしれないですが
感染リスクは最小限にと考え
何とかそれでも充実した時間を、と
のびのび過ごしました。
そうすることで、やはり“人間らしく”居られる
気がします。

子ども達の心を育てるためにも
これからも何が出来るかを、考えていきたいと思います。

posted by ちぃ at 23:12| 日記

2021年03月23日

池田屋。

昨日はみなとみらいにある池田屋に行って来ました。
栞のランドセルを見に。

4月から年長さんだというのに、もうランドセル…?!
年々、購入時期が早まっているというランドセル。
工房系のメーカーさんは、春に売り切れてしまうことも
あるようで、我が家もいくつかカタログを見比べ
ラン活を始めたところでした。

池田屋さんが気に入った理由は
・シンプルなデザイン
・本革と人工皮革のいいとこどりで作られてるところ
・余計な装飾がない
・ベルトのバックルがなくキボシベルトを使用
・雨に強い
などなど。
シンプル過ぎるくらいのデザイン、ですが
子どもの“キラキラにしたい”に対応できる「刺繍シール」が
あるってのも、なかなか憎いところ。

栞の第一希望は、紫。
20210322_140116.jpg

定番の赤も、かわいいよ。
20210322_141153.jpg

実物見たら私が気に入ってしまった、チョコピンク。
20210322_142026.jpg

パパ一押しのローズレッド。
20210322_141352.jpg

他にも色々背負わせていただきました。
栞の集中力が持たないので、30分ほどで
ばぁぁ〜っと説明と試着を。
最終的にどれにするかは、家に持ち帰ることにし
お店を後にしました。

親の希望する色にしてしまうと
栞が、6年間「ほんとはむらさきがよかったのに」と
言い続けることになる、それは嫌なので
自分で決めさせるつもりです。
その代わり、ひとつしか買えないこと
6年間使うことを、繰り返し説明しています。

さぁ、どれに決めるかな。
もう少し、様子を見ようと思います。

そして、せっかくみなとみらいまで行ったので…。

20210322_150858.jpg

空いている閉館間際を狙って
アンパンマンミュージアムにも行って来ました。

実も栞も
毎日アンパンマンの録画を見ているほど、大好きなので
大喜び、大はしゃぎ。
私と夫は…まぁ〜疲れました。

緊急事態宣言解除には関係なく
この日ぐらいしか予定が合わないので、出かけて来ました。
感染状況、感染リスク、色々考えて
夫を含めてのお出かけは、すべきか悩みました。
今後、リバウンドでまた感染者が増えてきた時には
もう出かけられないね、となるだろう、
その前に、ランドセルはせめて。と思って。

心配は常に尽きないけど
その中で、出来る限りの対策をしながら
生活するしかないんだな、と改めて思いました。

出かけないと息苦しい。
でも出かけても息苦しいですね。
子ども達のために、出来る限りのことをしていきたいです。

posted by ちぃ at 23:04| 日記

2021年03月22日

お出かけ。

今日はお出かけしてきました。
どうしても行きたかった場所に。

緊急事態宣言が解除されるかは
関係なく
今日ぐらいしか家族4人揃わなくて。
これ以上、後になったら
また出歩けなくなる感染状況になるだろう
ってのもあって。

久しぶりにみなとみらいまで行きました。

ちょっと疲れすぎて、書く気力が……。
また明日にでも日記にします。

楽しかったー。

posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年03月21日

大雨でした。

すごい雨でした。
一日中、家で過ごすしかなく
子ども達は退屈そうでした。

退屈→機嫌が悪くなる→ワガママを言う
の悪循環で、まぁ実のイヤイヤが酷いこと。

力ずくで言うことを聞かせようとすると
どうしても怒鳴ってしまうので
泣き始めたときは、放っておくしかなく、
そうすると、とことこ栞がやって来て
実に優しく話しかけてくれます。
お姉ちゃんらしくなったなぁと、思います。

私に足りないところや
私が不出来なところを
子ども達が補ってくれるような気がして
嬉しいやら、情けないやら。

明日は、天気も回復するみたいだし
思いきってお出かけです。

二人ともご機嫌でいてくれるといいな。
posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年03月20日

春探し。

久しぶりにいつもの公園に行きました。
思いのほか子どもが多かったですが
他の公園はもっと多いんだろうと思い
仕方なく、遊ばせました。

パパ&実ペアは、すべり台。
私&栞ペアは、お花摘み。
だいぶ春らしい景色になってきましたね。

公園の桜も、咲き始めていました。
メジロが花をつついていて
ぽとぽと落ちてしまった花を、栞と集めました。
20210320_112034.jpg

20210320_112400.jpg 20210320_113245.jpg

20210320_112458.jpg 20210320_112609.jpg

ハナニラやスズラン、カタバミもいっぱい。
スミレがたくさん咲いている所も見つけました。
20210320_113717.jpg

でもやっぱり春の主役はタンポポですよね。
20210320_112522.jpg
ミツバチが寄ってきていました。
栞は怖がりましたが
こちらが何もしなければ、蜂さんは
蜜を吸うのに夢中だから、大丈夫よといって
そぉっと観察しました。

我が家にも、やっと。
20210320_111102.jpg

ずっと待ってたよ。ありがとう。


posted by ちぃ at 23:49| 日記

2021年03月17日

しまじろうに会いに。

一年待ってるのは、とっても長かった。
でもその分、今日は思い出に残る1日になりました。

公開になった映画「しまじろうとそらとぶふね」を
家族で観に行ってきました。

自分の娘たちと
一緒に見ることが出来て、本当に幸せでした。
『えがおのそら』を書いた時には
まだ実(みのり)は産まれていなかったので
今日の風景は、想像も出来ませんでした。
本当に幸せな時間でした。

いつもの通り、私は
周りよりも早いタイミングで泣くパターンでした。

今日は、母も一緒に来てくれました。
母と一緒に映画館に行ったことって………
そういえば、記憶にあまりないな。
誰よりも『えがおのそら』を聴いてくれている母は
やはり、流れた途端に涙していました。

コロナの影響で延期になり
更に、演出を変更することになり
ということは…映像も台詞もあっちもこっちも…という
製作スタッフ皆さんのお気持ちを思うと
感謝しかありません。

無事公開出来て良かった。

映画館での子ども達は
拍手で目一杯楽しんでいました!

3Dのしまじろう達、本当に可愛かった♪

この映画が
ひとりでも多くの方に、届きますように。

posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年03月13日

ホワイトデーはお菓子づくし。

パパ、じーじ、お友達、から
沢山ホワイトデーのプレゼントをもらい
家にはおいしいお菓子がいっぱいです。
ケーキ、クッキー、マドレーヌ、
ミルフィーユ、手作りクッキー。

バレンタインの時には
栞とクッキーを作りました。
ホワイトデーには、お返しをもらえる
って、ちゃんと理解している栞は
「ホワイトデー、なにもらおうかなぁ」なんて
ちゃっかり言うようになり、困ったもんです。

栞には
バレンタインで、ママと楽しくお菓子を作り
自分も勿論たくさん食べた上で
ホワイトデーにもお菓子を沢山もらえる
というおいしいイベントとして
記憶されたことでしょう…。

来年にはきっと
「みのりも!みのりもつくるー!」
と更に大変なバレンタインになるんだろうな。
「これはみのりの!」「しおりの!!」
とお菓子の取り合いにもなるんだろうな。


おいしいお菓子を、ありがとうございました。
パパ、貴重なお小遣いから奮発してくれて
ありがとねー!(え?)

posted by ちぃ at 23:37| 日記

2021年03月11日

東日本大震災から10年。

10年という節目は、通過点。
まだまだ跡は残されたままで
その場所も、人の心も、復興に向けて
一歩ずつ進んでいる最中。

今日の14:46は
10年前と同じく、家に1人きりでした。
この10年で私は、結婚し、娘を2人産みました。
本当にあっという間の10年、濃い10年でした。
10年前を思い、
この瞬間、そしてこのすぐ後に
たくさんの方が亡くなったことを思い、
目を閉じ、祈りました。

大津波警報、メルトダウン、計画停電。
聞いたことなかった単語が飛び交いました。
毎日増えていく死者と行方不明者の数。
こんなことが起きていいのか。
あの日から、日本は変わりました。

世界の誰も経験したことのないことを
乗り越えようとしてきた東北の人たちは
世界の誰よりも、強い人たちです。
その強さから学んだことはとても大きく
日本は強くなった、そう思いたいです。

今日は、一日
テレビを付ければ東日本大震災のことをやっていて
そのひとつひとつ、ひとりひとりに涙し
気持ちと体が付いていかず、思わずテレビを消しました。
何も見ずとも、黙祷の時間には涙が流れました。
これを見て、知って、語り継いでいかなくては
そう思う気持ちと同時に
とてもしんどくなり、辛くなります。

身内が亡くなった訳でもなく、関東でただ大きな地震に遭った
それだけの私ですら、そうなのですから
10万人ともいわれるご遺族の思い、それは計り知れません。


忘れないこと。
そして、備えること。


祈ること
そして応援することしか出来ませんが
ずっと、続けていきたいと思います。





posted by ちぃ at 23:36| 日記

2021年03月10日

犬と猫の話。

今日は久しぶりに、犬をさわりました。

お散歩中のワンちゃんが寄ってきて
撫でさせてくれました。
嬉しそうに尻尾を振って
しゃがんだ私の膝に、前足をのせて
手を舐めてくれました。

実にも、寄ってきてくれました。
実が喜んでキャーキャー声を出すものだから
ワンちゃんをびっくりさせてしまいました。
でも、一緒になって「ワン!」と鳴くので
実にはそれがまた嬉しくて、キャーキャー(笑)。

手を舐めてくれる時の感覚。
私の大好きだったワンちゃんを思い出しました。
今はもう会えないけれど
私のことを大好きでいてくれた子だったので
きっと今日の実の様子も、お空から見ていたかな。

栞は、実家の猫のミータとモコの絵を描き
今はお空にいるモコに見せるんだと言って
空に向けて絵を掲げていました。
20210311_000750.jpg

優しい子です。
必ず、モコに届いてるよ。

我が家もいつか動物を飼う日が
やって来るでしょうか。
なかなか勇気が出ないですが
子ども達がもう少し大きくなったら
そんな気持ちにもなるのかもしれないな。


posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年03月05日

電車で婦人科へ。

1年以上ぶりに電車に乗りました。
1人で、自分の病院に行くためです。
ずっと悩んでいたPMSの相談をするために
婦人科に行ってきました。
想像通り、まだ寝かしつけ時に授乳していることを
突っ込まれ、やはりネックになるよなぁーと。
卒乳の準備は、始めていて
一日一歩ではあるものの、実も頑張っているのです。
突っ込まれると、辛い。

今回は、以前も飲んでいた漢方を処方してもらい
完全卒乳したら、ピルを始めたらいい
とのお話でした。
胃がおかしくなる件も相談したけど
PMSの症状なのかどうかは、判断つかないみたいで
胃薬は出してもらえたので、様子見。
良くならないようだったら、消化器内科に行ってね
十二指腸潰瘍の可能性もあるよ、と。

20代からお世話になっている、女医さん。
栞を妊娠するまでには、特にお世話になりました。
がん検診もサボっているので
3年ぶりに行ったけど、
先生が変わらずお元気で、嬉しかった。
実の出産後、初めて行ったので
最後には「おめでとうございました」と言ってくれました。

その後は、少し時間をもらって買い物に。
家の周りにはない雑貨屋さん等を、見て回りました。

でも気付いたら、子どものものばかり買っていて
帰りの電車で、笑ってしまいました。
栞と実がそばに居なくても、頭の中はいつだって
子どものことでいっぱいなんだなぁって。

電車。すっかり乗らなくなってしまって。
久しぶりに乗ったら、コロナのこともあって
すごく息苦しく感じてしまった。
でもこうやって、何駅かだけでも
私電車に乗ってる時間が好きだったなぁ…と
忘れていた感情を思い出しました。

もう元には戻らない世界。
その中でも、生きていくこと
自分の体にも、ちゃんと目を向けること
バランスを考えていかなきゃなと、思わされました。

まずは、PMSの症状が良くなりますように。

posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年03月03日

ひなまつり。

20210303_191637.jpg

具材の盛り付けは栞が手伝ってくれました。

ちらし寿司。
自分で一から作るのは初めてでしたが
とてもおいしく出来ました。
私(と栞)が食べない都合で、干し椎茸抜き。
なので味が決まらないかと心配したけど
みんなおいしいと食べてくれました。
栞は、3杯食べました!

すし飯も、煮たニンジンれんこんも
味付けは薄めに作れるので、
これはひな祭りの定番になりそうです。
子どもが小さいうちは、食べられない食材も多いから
“自己流”で充分だなーと。
今日は、ニンジンれんこん、錦糸卵、
エビ、マグロ、ブリ、絹さや、を散らしました。

実、2口ほど食べてくれたのに
その後は嫌がり、食べてくれず。
来年は、たくさん食べてね。
蛤のお吸い物は、ごくごく飲んでくれたので
いいこいいこ。
20210303_192047.jpg

娘たちの健康を祈って。
本当に、元気でいてくれるだけで
ママは幸せです。

20210303_215435.jpg

お雛様。
見守っててくれてありがとうございます。
これからも、娘たちをよろしくお願いします。


posted by ちぃ at 23:05| 日記

2021年02月25日

梅とメジロ。

近くの梅林が、満開です。

20210222_152945.jpg

今朝は、この梅林に
鳥さんが沢山来ている声がして
スズメかな?と思ったけど、色が違う…

あっ、メジロだ!!

写真には撮れなかったのですが
かわいいメジロが、4羽も5羽もいるのです。
お花をちゅんちゅんしてました。
甘いのかな?

栞は、初めて見た!と言って喜んでいました。
本当にかわいかったー。

梅林の中には入れないので
手を伸ばしたり、抱っこしてあげないと
近くでは見られないのですが
「いい匂いだねー!」と、毎日栞と実と春を感じています。

今日は寒かったけどね。
そろそろ三寒四温って単語も聞かれるようになるかな。

あと少しだね。

posted by ちぃ at 23:23| 日記

2021年02月22日

ふきのとう。

園バスに乗る栞を見送った後
毎日恒例の、朝のお散歩。
実にとっての、自由時間。

栞のお友達のママさんが
いつも付き合ってくださり
お話しながら、私も楽しい時間を過ごしてます。

今日はお友達ママさんのおうちの敷地に
お邪魔させていただき
実、自由奔放にうろちょろ。

そして、出会った…ふきのとう!!
20210222_230445.jpg

お恥ずかしながら、見ただけでは
私はふきのとうと気付かず
教えていただきました。
こんな風に自然になっているところを見るのは
初めて?に近く、嬉しかったぁ!

昨日今日と、とても暖かかったから
植物たちも一気に春支度が進んだだろうなぁ。

その後には、てんとう虫にも会いました。
実の鼻に、ぷ〜んと飛んでくっついてしまい
驚いてました。(栞なら泣いてたところだな…)
「てんてん!(てんとう虫の意)
 どこいくの〜?」
と話しかけていました。

本格的な春がやって来るまでには、もうちょっと。
でも今日は、先取り出来た気がして嬉しかったなぁ。

毎日ひとつずつ
春を見つけてみよう。ね。


posted by ちぃ at 23:20| 日記

2021年02月21日

「生きること」。

親戚が、先日亡くなりまして
今日が葬儀とのことで
一日そのことが頭から離れず、空を見上げていました。
親戚といっても
私の母の従兄弟の奥様、なので
私からすると少し遠い親戚ではありますが
44歳という若さで癌で亡くなられたことが
本当にショックで残念でなりません。

母は、二人の結婚式に参列していて
とてもショックを受け
ずっと泣いているみたいです。

このご時世なので家族葬だったとのこと。
私も母も、何も出来ず
ただ祈ることしか出来ませんでしたが
空に、想いが届いているといいなと思います。

まだ学生のお子さんを残して旅立たれた
その悔しさは、想像を絶します。
亡くなられてすぐに、お子さんの大学受験があり
どんな気持ちで…と思うと、涙が出ます。


残され生きていく者に出来ることは
やはり
いつかの日まで、まっすぐちゃんと「生きること」
それしかないのだろうなと、思います。

辛くても、辛くても。
辛いほど、辛いほど。
生きなくてはならないのです。


空に。
どうか安らかに。





posted by ちぃ at 23:11| 日記

2021年02月18日

何ヶ月ぶりだろう?

今日は、栞の幼稚園が休園だったので
夫も休みを取ってくれていました。
家族4人で、一日中一緒に過ごせる日。

買いたい物があったので、トイザらスに行くことに。

家族4人で
車に乗って
お買い物に行く

これは、かなり久しぶりのことです…。

いつも買い物は私一人で行くか
夫に運転を頼んで、駐車場で待っててもらうか
どうしてもの時は、実を連れて行くか
そのどれかです。
特に栞は、買い物に連れて行ってあげられずにいたので
とても嬉しそうにしていました。

今年は、お正月にどこにも行かなかったのに
家族親戚から、お年玉を郵送していただきました。(ありがとう!)
そのお年玉の中から、栞に2000円ほど持たせ
「2000円以内だったら、好きな物を買っていいよ」と
約束し、おもちゃを選ばせました。

まだ4桁の数字は理解してなく、足し算も出来ず
値札を見ても、分からないので、
「これは?これは買える?」と夫や私に逐一聞きながら
どれを買おうか、どれなら買えるかを選んでいました。

私は途中で、実と違う売場に行ってしまったのですが
夫が栞に付いててくれて、
ティーパーティーセットのおままごとと、
他にも食材をいくつか選んだようです。
そしてレジで「ください」して、お金を出すところまで
ちゃんと一人で出来たとのこと!

1000円札2枚、というお金を
栞は「おもちゃがたくさん買える」と思ったのか
「これしか買えないのかぁ」と思ったのか、分からないけど、
お金とはこういうものなんだ、って思ってくれてるといいなぁ。

大人の私たちがどんどん“キャッシュレス”になっていく中で
いかに“1000円札1枚の価値”、“100円玉1枚の価値”を
教えていくか、難しいなと感じています。
クレジットカードやスマホで「ピッ」とするだけで
買い物が終わる世の中なので
現金での買い物を、子どもの前でする機会があまりありません。

今日は、栞に
良い経験をさせてあげられたかな、と思います。

それにしても
4人揃って、車に乗って買い物
これが、私にはとても幸せで楽しかった。
こんな当たり前のことが
当たり前に出来なくなってしまっていたことに
改めて気付かされました。
我慢、自粛、そればかりでは
本当に心が削られていくし、大事なことを忘れていく
そんな感覚にもなります。

早く
せめて買い物くらいは、家族で出来るように
安心安全が広がっていくことを、願います。


posted by ちぃ at 22:09| 日記

2021年02月15日

気圧かぁ。

一昨日からの不調は
今日の雨風が去った後に、すっきり回復。
これはもしや、気圧の変化のせいなのか…と
実感しました。

頭痛や体のだるさが続いていました。
首肩腰、全部痛いのはいつものこと
だけど、こんなに頭痛が続くなんておかしい
吐き気までする、
どこか悪いのかな?と本気で思いました。
寝てても頭痛が治らない
一晩明けて、まだひどい頭痛ってのは
今までないなぁ。

朝から頭痛薬
実の相手しながら、セルフマッサージ
それでもしんどくて
昼食後に実と、思いきって昼寝。
起きたら、スッキリ?!
何かに取り憑かれてたのかと思うくらい、スッキリ…!
…で、雨ほぼ止んでいる。

うーん、最近気圧の変化に弱いっぽいと
思ってはいたけど、これは
40歳を境に、体がだいぶ変わってきたのを痛感。
PMSのこともそうだけど
もう全てが「悪い方に」変わってきてる。
困っちゃうね。

そして多分明日は
雨の後の花粉が、最悪。かな?
ひーーーー。

今日は、母方の親戚に不幸があり
若くして亡くなられたとの知らせは
とても心に重く響きました。
悲しいです。

40代は「持病」が出てくる年代だと思ってるので
私も気を付けなくてはならないと思いました。

明るく前向きに。
posted by ちぃ at 23:32| 日記

2021年02月14日

バレンタインデー

20210214_214453.jpg

栞がバレンタインにクッキーを作りたい!と
言うので、準備していました。
クッキーなら、家にある材料でいつでも作れるので
楽チンです。

園で同じバス停の、大好きなお友達(男の子)に
あげるとのこと。
あと、パパにも!じーじにも!
と、意気込んでいました。

いつもの型抜きクッキー。
栞は、型抜きが上手になってきました。
私が手を出そうとすると、嫌がります。
5歳でそれだけ出来れば、将来有望だね〜!

嫌がるといえば、実も同様に…で
ぐっちゃぐちゃにしながら、粘土か何かかと思ってるのか
遊んでる?手伝ってるつもり?(汗)
でもその捏ねてくれたやつも勿体ないから
焼いて、ママ食べるね…。
あぁ、それはまだ焼いてないやつだから食べちゃ駄目!!

栞は、飽きっぽいので
…というか5歳児の集中力はそう長く持たないものですが。
オーブンに入れた第一弾が焼き上がると
もう、第二弾の型抜きは放り投げて、試食に夢中ーー…。

後半は、私が一人で型抜きすることになりましたが
お友達には、敢えて
“形がゆがんだクッキー”を入れておこうかな。
栞が作ったと分かるように。

いやぁ、このご時世なので
喜んで受け取ってもらえるか、分からないのですが
栞が言うことを聞かないので、とりあえずお渡しすることに。
作る時には、勿論
マスク着用、手洗いしっかり、焼いた後は素手で触らない等々
出来る限りの対策をして、調理したのですけどね。
お渡しする容器も、アルコールしゅっしゅして万全!


私は朝から体調が優れず、しんどい一日でした。
恐らく、自律神経か体中の凝りから来る不調。
自分で出来るメンテナンスはしているつもりですが
耐えきれず、今日も鎮痛剤を飲んでしまいました。

どれだけ尽くしても、子ども達の要求はエンドレスで
今日も結局怒鳴ってしまいました。
精神的にも、かなり参ってきているのを感じます。
家事の大半をこなす時間帯に、夫を頼れない日だったので
しんどさがMAXでした。
今日は早く寝ます。


バレンタインデー。
私から夫ではなく
すっかり、栞から夫に、というイベントになってますが
女の子はいいね、来年も楽しく手作りしたいなぁ。




posted by ちぃ at 21:46| 日記

2021年02月13日

揺れたね。

我が家は無事、大丈夫です。

子ども達がなかなか寝付かず
今日一日を
「うるさい!何時だと思ってるの!」
の怒鳴り声で終わらせてしまって
“はぁ…駄目だな…”と自己嫌悪でうだうだ寝っ転がり
さぁ…家事…とリビングに降りてすぐに
地震が来ました。

夫が慌てて寝室に戻って行ったので
私は、いつでも玄関のドアを開けられるよう
リビングに残り、テレビを付けました。

震度6強の地域があったとは、それは大きい…。

こちらは震度4でしたが
この家に引っ越して来てからでいうと
今までで一番大きな揺れに感じました。
玄関のウィンドチャイムが勝手に鳴り
ダイニングのペンダントライトがぐらんぐらん
怖かったです。

3.11の本震余震の経験から
ぐらっと来た後に
“ここから揺れが大きくなるかどうか”を
構えて、判断するようになりました。
もし揺れが大きくなったら、まずどう動こうか、を
咄嗟に考え、構えるように。

今回は、すぐに揺れが小さくなるのが分かり
あぁ良かった…。

震源近くの方々が心配です。


今日は
いろいろと嫌な終わり方になってしまったなぁ。
そんな日もある。
明日も、頑張ろう。

防災、耐震も。
気を抜かず。


posted by ちぃ at 00:00| 日記

2021年02月11日

経験を子ども達に。

今日は祝日で、子ども達がいることもあり
ゆっくり過ごしました。

昨日の発表会の余韻がまだ残っていて
なかなか頭の中から抜けません。

コロナ禍での開催。
いろんな工夫がなされていた中でしたが
何とか開催できて良かったなぁと思います。
子ども達にとって、それがあったかなかったかでは
大きな違いがあると思うからです。

たくさん練習すれば、必ず上手にできるようになる。
もし失敗したとしても、その悔しさもまた次へのバネになる。
そういった経験、達成感というものは
行事が行われてこそ、得られるものだと思います。

実の保育園は、全ての行事において
中止か、保護者抜き園児のみの縮小で行われる、の二択。
栞の幼稚園では、中止にした行事もありますが
そもそも行事がとても多いので、充実しています。
「どうしたら開催できるか」を考えてくださっています。

幼稚園は、いろんな面でより小学校に近いと感じます。
どちらが良いのか正解かは、私には分かりませんが
少なくとも「子どもの経験」という視点からは
幼稚園の方針を、とても有り難く感じています。

今まで当たり前にあった行事を、全て中止するのではなく
どういう対策をすれば行えるのか
できないのであれば、それにより得られる経験の代替案を
どうにか考えるべきではないのか
これからの教育には、それが求められるのではないでしょうか。

子ども達の鬱が増えていると、今日もニュースで見ました。
コロナによるストレス、休校した影響からの負担も増えていると。
とても心が痛みます。

勉強するためだけに、学校に行く訳じゃない。

達成感、一体感、何にも代え難い嬉しさや、失敗した悔しさ
その年度でしか傍にいられない仲間や先生と
つくってきた「その日」は、もう二度とやって来ないのだから。

「経験」できるかどうかは
子ども達の心に、大きく影響すると思います。

これからの社会をつくっていく世代。
子ども達のことを、第一に考えて欲しいなって強く思います。


posted by ちぃ at 23:59| 日記