2020年10月23日

寝姿コレクション。

子ども達を寝かしつけて
家事とか、やることを終えて
さぁ私も寝るかって寝室に入った時に、

子ども達の寝姿が
すっっっごい時があって、

それをフラッシュたいてスマホに記録しており
いつもそれを見返す度に、1人で大笑いしています。

結構溜まってきたので
日記にしてみます。

20201023_233854.jpg

“姉妹で同じ格好をして寝ている奇跡”
に何か名前を付けたらいいんじゃない?って
夫も言っています。

20201023_234154.jpg

もはや、芸術だなという気さえしてきます。

20201023_002744.jpg

昨夜は、↑この状態で
2人ともちゃんと寝ていました(笑)。


子ども達が仲良く横に並んで寝るのは
いつまでだろう?
「ママの隣で寝る」って言ってくれるのは
いつまでだろう?
と考えながら、寂しくなることもあります。


毎晩の楽しみ、
子ども達には幸せをもらってばかりです。

posted by ちぃ at 23:50| 二人育児

2020年10月17日

大騒ぎのインフル予防接種。

昨日の話ですが
栞実を連れて、インフルエンザの予防接種に
行ってきました。

いやぁそれにしても混んでました。
みんな考えることは一緒のようで
待っているほとんどの子が、インフル予防接種だったみたい。
まぁおかげで、風邪で咳き込んでる子もほぼ居なくて
その点では良かったんだけども…。

栞は、ずっとビビりっぱなしで
着いてから熱を計ったら、37.7℃!!え、アウトじゃん。
そんなはずは………と
時間をおいて、計ってみたら37.3℃でギリギリセーフ。。。

実、家と保育園以外の場所がとにかく楽しいようで
居る人居る人みんなの顔を覗き込んで、ご挨拶し
“見て見て!この服、私の服かわいいでしょ?”と指差したり
宇宙語で何か話しかけたり、まぁ…はしゃぐこと……。
お願いだから他の人に触れないでくれ、近付かないでくれ
話しかけないでくれ…と引き離すも
椅子になんか1秒と座っておらず、裸足で待合室を動き回る回る。
絵本持ってったけど、全く意味なし!!!
何度「すいません…」「人見知りゼロなもんで…すみません…」
と言って回ったことか………。

1時間ほど待ってやっと呼ばれ
栞の熱、本当に具合が悪かったら…と思うと心配でしたが
先生が、ちゃんと胸の音と喉を見てくれた上でOK出してくれて
無事、受けられることに!!(知恵熱か…)

っていうか、栞ずっとギャン泣き。
「まだだよー、まだお喉見るだけだよー」
ギャン泣きというか、ほとんどパニック状態。。。
「お母さん、抱っこしましょうか〜」
と、お腹合わせで抱っこし、頭を押さえて…。

ぎゃあわgsvjお;l_きおjしhじおおっあさあああ!!
いたいぃぃp;おlksなkjびぶい!!!!


「もう終わったよー、お姉ちゃん終わったよー」
終わってからもずっと、泣いている。

次、実。
胸の音、喉を見る、OK。受けられることに。にこにこ。
お腹合わせで、抱っこ。にこにこ。
左腕出して…。あれ?なんかこれってもしかして?って顔。
刺す。すごい顔。痛そう……泣く?泣く?泣k・・・・・

泣かない!!!!!

実、すごっ………。
栞、まだ泣いてるのに………。

改めて、お姉ちゃんの臆病っぷりと
妹の強靱な精神力を、感じたのでありました。

私は、待ってる間じゅう実を追いかけ回し
帰りは帰りで、歩きたい遊びたいと泣かれたので
抱えながら帰宅し(腰……)、
ぐっっっっっっっっっっったりでした。
夕飯はデリバリーを頼んでおいて、正解でした。
あちこち触りまくった子ども達、恐ろしくて即!浴室行き!!


栞、卵アレルギーがあったから(食べられてる子は接種可能とのこと)
インフル予防接種は初めてでした。
実も、初めて。
今年は、コロナのこともあり手洗いうがい消毒を
徹底しているので、きっと大丈夫と信じたいですが、
やはり日頃集団生活を送っている中で「絶対」はないので
受けられて良かったなと思います。
夫は、コロナどころかインフルにかかったとしても
入院になってしまうかもしれないので、
本当に気を遣わなくてはならない毎日が、始まります。

私も、栞実の2回目の接種の際に
一緒に受けられたらと思っています。(大人は1回、子どもは2回だからね

………ってか、来月コレをもう一回とか………。

た…た…体力が………(涙)。


posted by ちぃ at 23:39| 二人育児

2020年10月03日

秋の散策、秋を散策。

近所の公園。
古い公園で、誰もいない。
でも広々していて
春は桜、秋はイチョウが綺麗。

実、広々とした場所にいられるだけで
嬉しそう。
保育園以外で、なかなか走り回れないもんね。

栞、好きなだけブランコで遊べて
嬉しそう。
幼稚園でブランコは人気で順番待ちするらしく
なかなか遊べないみたいだし。

20201003_224938.jpg

20201003_115214.jpg
自分の帽子はかぶらないくせに
私の帽子はかぶりたいらしい、実。
あまのじゃく。


桜の木は、少しずつ葉を落とし
イチョウはまだまだ緑色
ギンナンがたくさん実っていて、ちょっと臭う。

金木犀が、満開。
彼岸花もね。

栞が走ってきて
「ママーー!クヌギがあったーーー!!」

私より先にドングリを見つけるとは。
しかもそれが「クヌギのドングリ」とすぐ分かるとは
なかなかやるな、栞!

20201003_225605.jpg

虫がわかないよう、茹でたら
なんだかおいしそう(笑)!←食べられません

明日はこれでおままごとするそうです。


空いている公園
我が家的には大変有難い。
新しい綺麗な公園は、いつでも人がいっぱいだからね。

また、行こうね。


posted by ちぃ at 00:00| 二人育児

2020年09月21日

大きな公園。

大きな公園に行って来ました。

実がひょこひょこ歩くようになった頃から
ちょうどコロナが流行し始めたので、
近所の公園含め“ちゃんとした遊具がある”公園に
連れて行く機会が少なく、
実にとっては、ほぼ初めての「大きな公園」でした。

20200921_110909.jpg 20200921_111010.jpg

私は休日なのに朝から4人分のお弁当作り。
でも、みんながおいしいと全部食べてくれたので
良かったです。
栞は、本当に「お弁当」ってものが好きなようです。
実にも、小さなタッパーに初めての「お弁当」を。
20200921_114048.jpg

栞は、久しぶりに思い切り遊べて嬉しかったかな?
相変わらず怖がりで、遊びたがるものは限られるけど
いつの間にか一人でブランコを漕げるようになっていて
成長を感じました。
私がつい手助けしちゃったら、怒られました。
20200921_123525.jpg

午後も少しだけ遊んで
自動販売機でアイスを買って食べました。
実も「あいしゅ!あいしゅ!」と言うので買ってあげると
“これ…たべていいのぉ?うわぁ〜!”という表情で
おいしそうに食べていました。
栞と同じものを買って与えないと、怒るようになってきたかな。
20200921_125917.jpg

ここは、とても古い公園で
私が小学生の頃からずっと遊んできた場所。
家からは少し遠かったので、頻繁には来られなかったけど
小さい頃は親と車で、大きくなってからは友達と
何度も何度も来たことがある思い出の場所です。
最後に来たのは、多分高校の野球応援の時かなぁ?

新しく出来た公園と違って
歴史を感じる大きな木がたくさんあり
自然を育むための落ち葉や枯れ枝、そのまま残っていて
だけどちゃんと管理されていて
いい場所だなぁ、と改めて感じました。

お弁当を食べた所はまさに「森」です。
土が、ふかふかでした。
新しい公園は大抵、“芝生”ですが
ここは“森”です。
その柔らかさ、温かさを感じながら、深呼吸。
リフレッシュになりました。

さて、今日の収穫は
20200921_193758.jpg
2種のドングリと、ヤマボウシの実。
ヤマボウシの実は、あ!これ図鑑で見たことある!
と思い、拾ってきました。
帰って来て見返してみたら、何と食べられると!
たくさん取ってくれば、ジャムに出来たのになぁ〜(笑)
恐る恐るちょっとだけ舐めてみたら、とても甘〜〜い味でした!


いつもお出かけを我慢させてしまっていて
子ども達に申し訳ない、という気持ちがありました。
今日は思い切り遊ばせることが出来て、本当に良かった。
また行こうね。必ずね。



posted by ちぃ at 23:40| 二人育児

2020年08月31日

雨プラス不機嫌。

予報通りに雨が降る。

予報通りで助かった。
幼稚園保育園のお迎え、自転車だったので
濡れずに帰って来られたから。

雨で夕方のお散歩に行けなくなり
栞は、不機嫌に。
実、雨でも構わず出ようとして
玄関で傘を持って、怒っている。 

二人同時に相手するのは、大変。
怒鳴っても疲れるだけだが、怒鳴ってしまう。
でも子どもの不機嫌は、持って30分程度なもんで
いつの間にか普段通りに話しかけてきたり。
違う遊びに誘ってみたら、近寄ってきたり。

栞は、知育菓子を作って食べ
実も、横からちょっかい出したり塗り絵したりで
何とか楽しく夕飯まで、遊んでてくれた。

子どもの「遊びたい」の気持ちと体力は、無限。

もう少し涼しくなったら
昼間でも、存分に外遊びさせてあげられるようになるのに
暑いし雨だし、は辛いね。
もう少しの辛抱かな。


今日はママもぐったりだよ。


posted by ちぃ at 23:12| 二人育児

2020年08月16日

短い夏休み。


今日で、子ども達の短い夏休みが終わりました。

例年は、
保育園には夏休みなんてなかったし
うちは私も夫もカレンダー通りの休日じゃない職種なので
お盆休みも関係なく、登園させていました。
今年は、栞が幼稚園に入り
通常保育だけでなく預かり保育も無し、という期間が
丸々一週間あったので、
そこを、栞も実も「夏休み」とし
この一週間、たっぷり子ども達と一緒に過ごしました。

遠出なんて出来るはずもなく
大きなイベントごともなかったけど、
普段出来ないことも出来たりして、栞も実も楽しかったみたい。
子どもは、どんなことも特別に感じるんだなぁって思いました。

今日は、夫もお休みでした。
仕事も透析もない日だったので
子ども達とたっぷり過ごしてもらいました。
私はその合間に、仕事。

あと、明日から栞が私服登園なので
ポケットのない服用の“移動ポケット”を作りました。
子ども達が昼寝している間に。
材料だけ買って作れずにいたけど
慌てて急いで何とか作れて良かった…。
20200816_155822.jpg

明日からは、また幼稚園と保育園が始まります。
夏休みには、お昼を用意する大変さがあったり
暑いのに外に出たがる子ども達にイライラしたり
まぁ〜、毎日疲れましたが。
幼稚園保育園始まったら始まったで
またいつも通りの大変さが、戻ってきます。

頑張ろうね。栞、実。

posted by ちぃ at 00:00| 二人育児

2020年08月14日

「二人きり」

今日は
栞と二人きりになる時間をもらいました。

そういえば
二人きりは久しぶりだなぁと思って
嬉しかったのです。

栞は、特別「ママー、ママぁ〜♪」って
甘える訳でもなく、いたって普通でした。
私の方が、何だかウキウキしちゃったかな。

実より栞のがよっぽど「ママ、ママー」なので
いつも実ばかり…ってほどではないつもりだけど、
やっぱり二人それぞれに「ママと二人きり」を
つくってあげることは、大切かなって。思いました。
子どもにとっても、私にとっても。

こういう時間を作れた時は
子ども達もひどい癇癪を起こしたり…が
少ない気がするので。

今日は栞がパパの携帯を使って
「ママだいすきだよ、これからもよろしくね」
とメールを送ってきました。
同じ部屋にいるんだから、口で言えばいいのに
メールするのが流行っていて。
でも履歴に残るので、それはそれで嬉しいな。


なかなか頻繁には難しいけど
「二人きり」
これからも大切にしていきたいです。


posted by ちぃ at 00:00| 二人育児

2020年08月10日

ベランダプール。

仕事が一段落したので
じゃあ始めるか!と思って、ビニールプール出しました。
栞は、待ちに待った!って感じで大はしゃぎ。

いやぁ本当に暑かった。
今年は、日よけのシェードを買ったので快適!に。

20200810_102931.jpg

空気を入れて膨らんだビニールプール。
何だか小さく感じて。
買ったのは、実を妊娠中の夏。
「来年は、赤ちゃんと一緒に入れるね!」と
栞に話したという思い出が。
そして昨年(この日記)は、ぷくぷくの実も一緒に
お水パシャパシャして遊んで。
今年は、2人とも…大きくなったなぁって。

私もパパも、足だけ水につかって
ひんやりを楽しみました。

栞は、ひょろひょろ背が伸びたなぁ。
20200810_104514.jpg

実、お掃除までしてくれました。
20200810_105643.jpg

この夏は、何回やれるかな?
しばらくは猛暑でお外遊びも出来なそうで
せっかく買った自転車もたくさん練習できないから、
もうプールに頼るしかないね…。
こちらは、1階から水筒やらタオルやらマットやら
あれもこれも運んで疲れて…
そして後片付けも…大変なのだけどね…(笑)。



posted by ちぃ at 23:17| 二人育児

2020年08月02日

姉妹らしく。

金土日と
栞と実がずっと一緒にいて
何だかとても嬉しそうに見えました。

幼稚園保育園が無い日というのは
2人にとっても、リラックス出来る時間なのでしょう。

ケンカ気味になることもありますが
本当に仲良くしてくれています。

今日は、栞が実の手を洗ってくれていました。
夕飯前に「手洗ってきな〜」って言ったら
2人して踏み台に乗っかって
危ないな…落ちそうだな…と冷や冷やしながら見てたら
栞が自分の手を洗った後、実の手を洗ってあげてて。
「おねがいのポーズのあとは、かめさんのポーズだよ」
と、手の洗い方まで教えているようでした。
20200802_183004.jpg

ありがとうね、偉いね
って栞をたくさん褒めました。
すっごいお姉さんぶってるのに、栞の肘には泡が残ってて
さっと私が黙って拭いておきました(笑)。
かわいいね。

栞が笑うと、実も笑う。
実が笑うと、栞も笑う。

子どもの笑い声は、幸せな気持ちになります。

20200802_135038.jpg 20200802_140421.jpg

今日も私はどっぷり疲れたし
怒鳴ったし怒っちゃったし
だけど、やっぱりあなた達の笑顔に救われています。



posted by ちぃ at 22:59| 二人育児

2020年07月31日

じーじとばーばのうち。

今日は実家に世話になりました。
昼から夜まで、たっぷり遊ばせてもらいました。

自宅で仕事の夫を置いて
車で栞実を連れて、実家へ。
車で10分足らずの距離ですが
私にとっては、いい運転の練習になります。

栞は、昨日が終業式でしたので
形上は今日から夏休み。
ただ、預かり保育(小学校でいう学童)を利用できるので
ずっと休みではないんですけどね。

「夏休み」×「おばあちゃんち」というと
なんか“それっぽい”感じがしますが、
しょっちゅう会える上に、近距離なので
はるばる会いに来た感は、全くないけど、
こんなに長い時間、遊ばせることもあまりないので
栞も実も嬉しかったみたいでした。

20200731_144641.jpg

栞は、ミータ君と一緒に昼寝したかったようで
ずっとくっついてました。

実は、じーじとばーばが大好きで
ずっとご機嫌でした。いい子だね。

じーじは、腰の手術後
回復も順調みたいで
今日はスーパーまで歩いて行ってました。
夕飯まで作ってもらっちゃいました。
無理はしないで欲しいけど、順調そうで良かった。


また来月、暇になる時があると思うので
よろしくお願いします。
私も、ゆっくり休ませてもらいました。
運転気をつけつつ頑張ります。
posted by ちぃ at 23:29| 二人育児

2020年07月29日

YAMAHA「Remie」。

子ども達にピアノを習わせたくて
でも今習い事を始めるのは、うーん…
と悩んでいるうちに。

栞が「きらきら星」と「かえるの合唱」を
小さなピアノ絵本で、弾けるようになり
更には「ハッピーバースデートゥーユー」や
「すうじのうた」など
どんどん弾きたがるようになってきました。

本格的なピアノ(か電子ピアノ)を買う前に
買ってあげてもいいんじゃないかな、と思い
パパが良いものを探して買ってくれました。

20200728_170743.jpg

YAMAHAの「Remie」
というミニキーボードです。

サイズの割に、高性能で
これは買って良かったなーと♪

栞は大喜びで、嬉しそうに弾いています。

いろんな音が出たり
勿論いろんな曲が流れたり
音当てクイズがあったり、とても楽しいです。
私も一緒になって、遊んでしまいます。

このキーボードで上達したら
今度は本格的な方を…かな。

栞、頑張れー。
実も、ねーねの真似して頑張れー。



posted by ちぃ at 23:31| 二人育児

2020年07月14日

1人の時間。

栞、幼稚園。
14時半のお迎え。

実、保育園。
14時のお迎え。

こんなに長い時間、家で自分の時間を過ごすなんて
実を産んで以来、初めて。

夫は、変わらず在宅勤務なので
家の中に“気配”はあるものの、
用がなければ会話はしないので、静かなもんだ。

体調は、酷くはなっていない。
鼻水が止まったので、残るは咳のみ。
実も、良くなっている。とりあえず、良かった。

さて、仕事をしなくては。
そう、本格的に仕事復帰する時が
やって来たのだ。

だが、ぽつんと
1人きり(いや夫は家にいるのだが気持ち的には“1人”)になったら
急に、寂しさが込み上げる。

栞を保育園に預け始めた時、大泣きした。私も。
預けたくない、24時間栞のそばにいたい。
そう思ってた。
子どもには子どもの世界があっていい、
お友達が出来ることも、素敵なこと、
保育園に行かせて良かった、沢山の経験は宝物だ、
そう思えるようになったから、
実には、あまりそういう気持ちを感じたことはなかった。

実、どうしてるかな。大丈夫かな。
何してるかな。笑ってるかな。
私の知らない実が、私の知らない時間を過ごしてる。
もう、赤ちゃんじゃないんだな。
私の手を離れて、一歩ずつ歩き出しているんだな。

そう思ったら急に、涙が出てきた。

自粛中、あんなに1人になりたくて愚痴っていたのに
いざ、1人になれたらこんな気持ちになるなんて
大人ってのは、私ってのは本当に勝手だなと思う。

子どものせいで大変なのだけど
子どものおかげで日々救われているんだな。


栞も、実も
新しい環境で、頑張ってる。
小さな頭と体をいっぱいに使って、頑張ってる。

私も、仕事頑張ろう。
そうでなければ、子どもに背中を見せられない。




posted by ちぃ at 21:53| 二人育児

2020年07月10日

幼保ママの、1日。

誰かに心配して欲しかったり
褒めて欲しいから書く訳ではないですが、
こんな疲れた1日を、頑張れたぞって記録の日記。


6:20
栞私パパのお弁当作りを開始

6:50
そのまま朝食の準備を開始

7:10
栞実パパを起こす

7:30
朝食

8:00
やっと食べ終わった栞に幼稚園の準備をさせる

8:15
栞はパパと一緒にバス停までいってらっしゃい
私は実と見送りがてら、うろうろ散歩

8:30
洗濯機を回す、実の着替え
余った時間で実と遊ぶ

9:05
実乗せて自転車で保育園へ出発、実大泣き

9:25
一旦帰宅、洗濯物を部屋干し、コーヒー

10:00
一人で車に乗って買い物、実と栞に必要な物を買う
小雨

10:50
帰宅、休憩

11:20
車で保育園まで実をお迎えに行く
駐車場に停める練習も兼ね、少しずつ上達する
実、給食を食べず

11:40
再び帰宅、休憩、パパ在宅勤務開始

12:00
実のお昼ご飯を簡単に用意し、食べさせ
私もお弁当を食べる

13:00
実を寝かしつける、私も一瞬寝落ち

13:30
メールチェック、ぼーっと、裁縫

14:20
栞をお迎えに行く
同じバス停のお友達と遊び、なかなか帰らず

14:50
再び帰宅
実起きていて昼食休憩中のパパと不機嫌そうに遊ぶ
栞騒がしい

16:00
おやつにフレンチトーストを作る、子ども達よく食べる
私栄養ドリンク補給

16:50
キッチンの片付けと、夕飯作り開始
5分おきに栞実どちらかが「ママー」呼ばれて中断
栞、すごろくをやりたい
実、スマホでNHKキッズのアプリをやりたいorおっぱい
テレビはEテレか子ども達用の録画番組
夕飯作り進まず、私ブチキレ
子ども達と遊んだり話したり、授乳したりしながら夕飯完成
部屋干しの洗濯物を取り込む

19:00
やっとこさ夕食、パパ仕事を中抜けして共に夕食

20:00
やっとこさ栞食べ終える、片付け、お風呂準備
パパ仕事再開、私子ども達はお風呂

21:00
お風呂終わって、着替え、ドライヤー、歯磨き
怒鳴りながら

21:30
洗濯機を回す
やっとこさ寝室、子ども達は数分で就寝
寝室でぼーっと

22:15
洗濯物を部屋干しする
ブログを書く


「新しい日常」とは
私にとってコロナがなくても、しんどい毎日。
車の運転が出来るようになったことで
行動範囲は広がり、時間短縮は叶ったものの
何でも自分1人で出来てしまうため、その分の負担増。

実が
給食とお昼寝を保育園で済ませてくれるようになるまで
あと少し。来週から少しずつ始める。

あと少し。もう少し。
そしたら、少しだけきっと、楽になる。

今後しんどいことがあった時に、きっと
今のようなしんどさを乗り越えられたじゃないか、と
自分を励ますことが出来るような気がする。




posted by ちぃ at 23:19| 二人育児

2020年07月03日

てるてる坊主ちゃん。

実、保育園再開2日目。
初日は全然泣かなかったけど
今日は朝先生の顔を見て、すぐに泣き出し
その後もたくさん泣いていたとのこと。

ピアノを弾き出したら
急に泣き止んで「ママ!ママ!」と
言っていました。と。
「おうちでママが弾いてくれてるからかな」って
思ったそう。
いや、本物のピアノはないのだけど
玩具のピアノで少し弾いてるくらいでも
ちゃんと分かってるのかなぁ?

帰って来てから、ぐったり寝てしまい
やっぱり疲れてるんだなぁ、頑張ってるんだなぁ。

栞のお迎えに行く直前に、雨がぽつぽつ。
えー、予報よりだいぶ早く降り出したんですけどー。

外に出る気満々で
何だったらシャボン玉しようねって言ってたのも
覚えているらしく、玄関で靴を履こうとし準備万端。
しょうがないな…と
レインコートを着せてみることに。

20200703_141052.jpg

栞のお古で、ぶかぶか。
どう見ても、てるてる坊主だ!(笑)

金曜は、持って帰って来る物が多いので
仕方なく、私もレインコートにし
実を片手で抱っこしつつ
栞の荷物をもう片方で持ち
危なくないように栞を誘導しながら歩き
汗だくになったという。。。


それにしても幼稚園が始まってから
すっかり土日休みの「カレンダー通りの生活」っぽくなり
その中でも変わらず夫は平日休みが多く
私はただただ、辛い・・・。

今週、一週間頑張ったな私!って思ったけど
よく考えたら、お弁当は水曜から3日間だけだし
まだまだ大変さはこんなもんじゃないのか…って。

幼稚園ママって、すごいね!
よく毎日お弁当作れるね!
お迎えも早いのにずっと子どもの相手してられるのかな?
夕飯いつ作ってんだろ??

私の方が体調崩さないよう
土日はしっかり休もう・・・。

posted by ちぃ at 23:26| 二人育児

2020年07月01日

新しい生活、1日目。

栞の幼稚園、今日から1日保育開始。
お弁当も開始。
本格的に大変になるのは7月から、と覚悟していた。
早起き生活が、始まった。

大人のお弁当と違って、子どものお弁当は頭を使う。
好きな物ばかり入れると、好きな物しか食べなくなるし
嫌いな物を多く入れると、残すだろうし
食べられるようになって欲しい物や
栄養バランスを考えたり、まぁとにかく面倒だ。
保育園の給食がいかに有り難かったか、恋しい限り。

初日は、エビフライ弁当。
-st0ee1.jpg

昨日の夕飯のエビフライがメイン。
下にはチキンカツが隠れてる。
ニンジンのタラコ炒めと、じゃがいもとウィンナーの炒め物は
起きてから作ったけど、他は昨日作った物。
ブロッコリーの下には、キュウリのサラダが隠れてる。
庭で採れたミニトマトを入れて、完成。

量もちょうど良かったみたいで
嬉しそうに「ぜんぶたべたよ!」と言いながら
帰ってきた。

やっぱり完食してもらえると、嬉しいもんだ。

初めての1日保育。
14時半までの間が、とても長く感じられた。

実の保育園も今日再開の予定だったけど
雨がひどいので、明日に延期することにした。
なので今日は、実とゆっくり過ごすことが出来た。

さて。栞が帰って来て。
まぁ機嫌が悪い。さっきの笑顔は幻か。
眠いんだろう。疲れたんだろう。
だけどそれを認めようとしない。
何をしても反抗してくる。いきなり叫ぶ。いきなり怒る。
こっちが怒っててもそうでなくても、同じ。
こういうのを癇癪というのだろう。
家でワガママを言うのは、
幼稚園で頑張っている証拠なんだろうが、こちらはまぁきつい。

実。午前中に昼寝してしまって、夕方再び眠くなる。
大泣きして叫び続けた末に
寝てしまうと困るというタイミングで、勝手に寝てしまった。
リビングで1人で寝てしまうとは、なかなかだ。
案の定、夜全然寝ない。
1時間半の格闘の末、ようやく寝る。
明日の朝は寝不足だろう。保育園行くというのに。

15時過ぎから
子ども達の相手をしつつ、キッチンを行ったり来たりで
夕飯と明日のお弁当の準備を少しずつ始めて
18時に夕飯食べられるように、分刻みで動いているのに
その思いを、ぐちゃぐちゃにされる。
子どものためにと思っているのだが
子どものためではないんだろうな、自分のためなんだろうな。
「ママはこんなにやっているのに!」
そう思ってはいけないのかもしれないけど、さすがに苛つく。


思い通りにいかないのが育児。

まだ、新しい生活は始まったばかりだ。






posted by ちぃ at 22:39| 二人育児

2020年06月23日

大変なのもあと僅かか?

栞の幼稚園が始まってから
頑張って早寝早起きするようにしています。
少しだけ慣れてきて
夕飯も早めに用意出来るようになりました。

でも。
今月いっぱいは午前保育なので
幼稚園行ったと思ったら3時間で帰って来ます。
散々遊んで帰って来るので、当然お腹が空いていて
以前よりも早く昼食を用意しなくてはならなくなりました。

栞は「幼稚園ではお昼寝しないから」とお姉さんぶって
昼寝しない日が多くなりました。
保育園では毎日お昼寝してたのに急にしなくなると
体調を崩すと思い“たまにはお昼寝しようよー”と誘い、
何日か毎に、昼寝させるようにしています。

今日は、実が午前中に昼寝をしてしまい
午後は、ギンギンに元気。
栞も「今日はお昼寝しない!」と言い、ギンギンに元気。

さっきお昼食べたばっかじゃん!
14時には「おやつたべる!!」と言い始め
そこから夕飯まで、何度も何度もあれやこれやと食べたがり。
栞も実も!2人しておやつばっか食べて!!!(あ、私もか)

キッチンに居ても、すぐ
栞の「ママ見てー」と実の「パイ!(おっぱいの意)」で中断させられ、
ちょっと郵便来てるか見に行こうものなら
2人して外に出て来て(こういう時ばかり、素早い!)
挙げ句の果てに「おなかすいたー、オムライスはやくー!」
…いや、お前らのせいじゃーーー!!
30分でいいから、私を呼ばないでいてくれれば…。

そんなこんなで夕飯は頑張って早く作っても
食べ始めるのは18:30が精一杯。
これでも以前よりは早くなったんだけどな…。

毎日、食べ始める時にはぐったりしてしまいます。

実に食べさせ
栞には「早く食べなさい」の連続。

さぁお風呂だ、頑張ろう…
栞はずっと喋っている…
少し黙っててくれ…
5分でいいから目瞑って湯船に浸からせてくれ…

そんな、平日の大変さと土日の大変さが
合わさったような生活。
これが7月から1日保育になるので、また少し変わるかなと。
そうすると今度は、実の保育園が始まるので
私は一体いつになったら、落ち着くことが出来るのか…。


せめてもの救いは
今日は即、寝てくれたこと。
寝かしつけの早さとしては、過去最速かもってくらい。
2人とも5分で寝ました。


こんなに子どもと一緒に居られることって
この先そうそう無いだろうから、楽しみたい
って思うのだけど、
毎日、余裕を持つのが難しいな。

7月がやって来るんだね。
どんな毎日になるのか、怖いな。


posted by ちぃ at 23:56| 二人育児

2020年05月23日

心が崩れないように。

緊急事態宣言解除に向けて
一日一日がカウントダウンのようにに感じます。
(神奈川県在住です)

「緩和」というと
どうしても「元に戻る」という印象になり
危険だなと思っています。
「元に戻る」訳ではなく
常にコロナウィルスの脅威と戦いながら
「普段の生活」に出来る限り近い毎日を送る
という新しい毎日が始まるということ。

子ども達にとって
特に、小中高・幼稚園保育園の各「新入生」達
そしてその親たちにとっては、
ここから先の「登校登園再開」はとてもしんどいものに
なるのではないか、と予想しています。

栞、4歳。
楽しみにしていた幼稚園に突然行けなくなって
どうやら「コロナウィルス」っていう怖いものが
お外には沢山あるから、お出かけも遊びにも行けなくて
2ヶ月。
ちゃんと「怖いもの」って理解しています。
それが急に今度は「幼稚園行けることになったって!」と
「怖い」はずのお外に放り出されることになります。

もうちょっと大きい子になればなるほど
ちゃんと分かっているでしょうから、
心の中は「不安心配」でいっぱいになるのではないでしょうか。

3月の状況から、例年通りの4月を迎え
園や学校に慣れていくよりも、
この一旦のお休みと怖さを経験してからの6月の方が
何倍もエネルギーを使うことになるのではないでしょうか。

自粛はしなくていいけれど
気をつけなきゃならないことが沢山ある中で
生活しなくてはならない。
経済も教育も少しずつ戻していかないといけない。

いやぁ、分かります。言ってることは分かるし正しいです。

でも、頭と心は別物だと思うんです。

どうか子ども達の心と
それを支える親の心とが
崩れてしまわないように、それを願うばかりです。


まずは
我が家としては
遅寝遅起きになってしまった生活を
立て直しておかないと。

私もそろそろ
大変になるであろう毎日へ
心の準備をしておかないと。


posted by ちぃ at 23:48| 二人育児

2020年05月09日

ベランダがそんなに楽しい?? 〜二人育児〜

一昨日、ベランダでピクニックをしてから

「ベランダってなんてたのしいんだ!」
と気付いてしまった2人は

隙あらばベランダで遊ぼうとするようになり
困ったちゃんです。

20200509_132223.jpg

仕方がないので
サンダルやら靴やらを、玄関から持って来て
少し遊ばせてあげました。
と言っても、何もないので
ただただはしゃいでいるだけです…。
ベランダに出るだけでこんなに喜んでくれるとは
何て簡単な子たちなんでしょう(笑)。

はしゃぐ声が響くので
あまり長い時間は遊ばせられないけど、
ご近所さん達も、この状況なら仕方ないと
許して頂けると助かります…。

20200509_132612.jpg
(写り込むとまずい洗濯物が入っていないのが奇跡、笑)

もっと暑くなったら
毎日プールだね、こりゃ。


posted by ちぃ at 23:02| 二人育児

2020年05月07日

ベランダピクニック。

まさに「爽やか」という言葉がピッタリな
空気でした。
青空と風と、心地良い気温と。

今日ならそこまで気温が高くないので
やれるかなーと思い、
お昼ご飯をベランダで食べることにしました。

栞に
「ピクニックに行くよー!」
と言ったら、大喜び。
たかがベランダでも、栞にとっては
とっておきだったようです。

20200507_130044.jpg

最近は、家の中でもお弁当を食べているので
作るのはだいぶ慣れました。
栞が食べきれる量も大体わかってきました。
水筒も、自分で開けて飲めるようになったので
幼稚園が始まってからも、問題なしだね!

20200507_131304.jpg 20200507_131254.jpg

実も、新しい光景に大はしゃぎでした。
にこにこ嬉しそうでした。

それにしても、ベランダって
ホンモノのピクニックと違って
下が芝生ではないので、まぁ〜〜暑い!!
座っていると、じりじり焼けるように暑くて
子ども達には、更に敷物を用意して座らせました。

これ以上気温が上がったら、もう無理かなー…。

でも今日は特別感を味わえて
とっても楽しかったです。
子ども達が喜んでくれて、良かった〜!

posted by ちぃ at 23:51| 二人育児

2020年05月03日

夢の「てって」〜二人育児〜

結婚するからずっと夢見ていた
「いつか子どもと手を繋ぐこと」。

それは栞が、3年前の春に叶えてくれました。

栞が、ひょこひょこ歩くようになった頃
手を繋いで歩くのが、とても嬉しくて幸せでした。

最初は手を繋ぐのを嫌がっていた栞でしたが
怖がりな性格もあってか
外に出ると必ず手を繋ぐようになってくれて、
あんなに夢見ていたはずの「手を繋ぐ」は
いつの日か“当たり前”に変わっていきました。

実が生まれ
栞とほぼ同じ季節に生まれ
あぁまた春になったら歩くようになるんだなぁと
今年の春を楽しみにしてきました。

やっぱり実も手を繋ぐのを嫌がることが多く
自分の好きなように歩きたい!と
私の手を振り払うことも多かったのだけど。

ここ数日でやっと「てって」と言うと
手を繋いでくれるように。

20200503_104644.jpg

我が儘なもので
夢というのはひとつ叶うと、またひとつ増えるもの。

「栞と実が手を繋いで歩く」

これが私の新しい夢でもありました。

20200503_104823.jpg

子どもというのは
常に親に夢を見させてくれる存在であり
夢を叶えてくれる存在であります。

しおり、
みのり、
おおきくなったんだね。

ママのゆめをかなえてくれて、ありがとう。





posted by ちぃ at 23:31| 二人育児