2019年09月13日

そくとうりーむ。

ひらがなは
とっくに読めるようになってたものの
絵本を自分で読むことは
なかなか難しかった栞も、
実の好きな絵本や、割と文字数が少ない絵本なら
自分から読んでみよう、読んであげようと
頑張るようになりました。

今日は実に
「しましまぐるぐる」を読んであげてました。

中に出てくる「そふとくりーむ」を読んだ時に
『なんで、ふ、なの?
 そくとうりーむ、じゃないの?』
と聞く栞。
どうやら「ソフトクリーム」のことを
「ソクトウリーム」だと思っていたようです(笑)。
そういえばそう発音していたかも。
今まで耳で聞いて単語を覚えてきたから
ひらがなが読めるようになって
自分が思っていたのと違う!となったようです。

それから「こんにちは」と書いてあるのを見て
何で「は」なのに「わ」と発音するのか?
ということにも気付いたようです。
そうだよねー、
「こんにちわ」じゃなくて「こんにちは」って書くの
日本語って難しいよねぇ。

読めるようになったからこその、気付き。
そうか、子どもってこういうことを不思議に思うんだ。
と、こちらが気付かされ、面白いなと思います。

それにしても
実に絵本を読んであげてる栞が本当に可愛い。
お姉ちゃんになったなぁ。

posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

そくとうりーむ。

ひらがなは
とっくに読めるようになってたものの
絵本を自分で読むことは
なかなか難しかった栞も、
実の好きな絵本や、割と文字数が少ない絵本なら
自分から読んでみよう、読んであげようと
頑張るようになりました。

今日は実に
「しましまぐるぐる」を読んであげてました。

中に出てくる「そふとくりーむ」を読んだ時に
『なんで、ふ、なの?
 そくとうりーむ、じゃないの?』
と聞く栞。
どうやら「ソフトクリーム」のことを
「ソクトウリーム」だと思っていたようです(笑)。
そういえばそう発音していたかも。
今まで耳で聞いて単語を覚えてきたから
ひらがなが読めるようになって
自分が思っていたのと違う!となったようです。

それから「こんにちは」と書いてあるのを見て
何で「は」なのに「わ」と発音するのか?
ということにも気付いたようです。
そうだよねー、
「こんにちわ」じゃなくて「こんにちは」って書くの
日本語って難しいよねぇ。

読めるようになったからこその、気付き。
そうか、子どもってこういうことを不思議に思うんだ。
と、こちらが気付かされ、面白いなと思います。



posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年09月10日

いすとりゲーム。

きょう、ほいくえんで
いすとりゲームしたよ!
しおり、ずーっといすにすわれなかったの


ごめん、笑っちゃいけないと思いながら
笑ってしまったよ。

うん、わかるよ。
ママもそういう子だったから。

あなたが
我先に!と勢い良く空いている椅子を取れる訳は
ないでしょう。
どうしようどうしようって思ってる間に
みんな椅子に座っちゃって、あれー?ってしてる姿
ママには想像つくわ。

まだ、悔しいとか負けの意識はないのよね。
いつかそれを、悔しいとか負けは恥ずかしいと
思うようになったとしても、いいのよそれで。
あなたが、我先に!って性格じゃないのは
それはそれで「しおり」なんだから、いいの。

それより
『フルーツバスケット』のルールを
ママに細かく説明してくれて
それが本当にまだ3歳10ヶ月とは思えないくらい
きちんと分かりやすく沢山の単語を使って
分かりやすく説明してくれた栞を、
ママは「すごいね」「えらいね」って褒めたいわ。

椅子取りゲームで勝てなくても
あなたには、みんなより「上手」なことがあるんだから
それで、いいのよ。

それが「しおり」なんだから。


posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年09月04日

「しおり、ようちえんにいきたい」。

この夏、栞は
「しおりは、ようちえんにいきたい」
と言うようになりました。
保育園に行きたくない病と重なっていたので
一時的なものだろうと、思っていました。

この2ヶ月ほど
何度も話をしてきました。
何度話をしても「ようちえんにいきたい」と言いました。

うちは、保育園しか行かせられない。
実も来年度には栞と同じ保育園に入れられたら。
そう思っていました。

近所の子が、幼稚園に行っていることや
バスを見かけた時に、あれは幼稚園のバスだよと
嘘つくことなく説明してきたこと
いろんな影響があると思います。

 幼稚園は、楽しいことばかりでなく
 頑張らなきゃならないことも沢山あるよ
 保育園のお友達や先生とさよならするんだよ
 やっぱり保育園がいいと思っても
 一度幼稚園に行ってしまったら戻れないよ
 実ちゃんは保育園、栞は幼稚園って
 バラバラになるんだよ
 本当にそれでいいの?本当に頑張れるの?

何度話をしても「それでいい」と言います。

これは本気だな。
一時的なものではないな。
ちゃんと理解した上で言っているな。

幼稚園の願書配布は10月半ば、提出と面接は11月頭。
見学や説明会にも行かなければならないし
もう動き出さなければ、と急ピッチでリサーチを開始。
夫も、協力してくれました。

夫と私の働き方や家事分担
私のスキルアップや生活時間の改革
とても大変になるけれど
今は幼稚園にも「預かり保育」があるので
共働き家庭でも、幼稚園に通わせることは不可能ではない。

ならば、何とかするしかないのではないか。
栞のために。栞がそこまで言うのなら。

覚悟を決めました。

そして
今日は、見学に行って来ました。
初めて見る「幼稚園」という場所に
栞は驚き、戸惑っていましたが
運動会の練習に交ざりたいと言い
お友達の様子をとても気にしていました。
説明を受けている間、手の空いている先生が
栞を見ていてくださって
そのうちに普段の調子を取り戻したのか
嬉しそうに遊んでいました。

栞がビビってしまうのではないかと
心配していましたが
どうやら「ようちえんにいきたい」気持ちは
確かなもののようです。



さあ。
始まってしまったぞ。
動き出してしまったぞ。
もう。後には引けないぞ。



いろんな思いが込み上げてきます。
少し、落ち着こう。




posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年08月31日

ハーゲンダッツゲーム。

20190831_133426.jpg

これは何かというと
ハーゲンダッツのフタ。です。

実が手にするのにちょうど良く
何でも口に入れようとするので、舐めるのにも
ちょうど良く
且つ栞の遊び道具として、役立っています。

全部ひっくり返して
私と栞で交互に取っていきます。
まずは“一番たくさんある”「ストロベリー」を
取ったら自分の物に!
ストロベリーがなくなってきたら、今度は
次にたくさんある「バニラ」も自分の物にしてOK!
って感じで、順番に取っていきます。

栞は一つ一つめくる度に
ギャーギャー言って、楽しそう。

20190831_132958.jpg

本当は早く「神経衰弱」を
やれるようになって欲しいんだけど、
それにはたくさんの種類を2個は買わないとならない…。
ので、こんな遊び方にしています。

どんな物もおもちゃになるもんだなぁー。


※ちなみに、このフタは
 我が家で食べたものだけではなくて
 父母にも協力してもらって
 集めたものです(笑)。


posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年08月15日

可愛いね。

寝かしつけの時。

「可愛い栞〜」
と撫でながら言っていたら
『ママもかわいいよ』
と言ってくれた。

「わらってるときもかわいいし〜、
 ないてるときもかわいいし〜、
 たべてるときもかわいいし〜、
 あと、
 キッチンからこっちみて
 わらってるときが、かわいい!」

そうか。
ママ、可愛いか(笑)。

ありがとう。

ママは、可愛い栞がいてくれるから、
笑っていられるのよ。


おやすみ。
いい子だね。



posted by ちぃ at 22:57| 栞と育児

2019年08月07日

3歳9ヶ月 〜栞と育児〜

この1ヶ月くらい。
栞にはいろいろなことがありました。

何かから逃げたい時。
例えば、私に怒られている時や
寝たくない時、食べたくない時に
「トイレいきたい」
と言うようになりました。
最初は、信じてその都度行かせていましたが
トイレに行ったばかりなのに行きたいと言うようになり
どうもおかしいな、と思うようになりました。

先日、保育園での昼寝時に
何度も何度もトイレに行きたがり
とにかく泣いてしまって、他の子の邪魔になってしまう
申し訳ないですがお迎えを…と言われ
普段よりだいぶ早くお迎えに行った日がありました。

園長先生や担任の先生と、よく話し合い
連携をとりながら、毎日様子を伝え合いました。

そのうちに
朝保育園に行く時にも、トイレに行きたがったり
保育園に着いてからも再度、行きたがったりするようになり
ついに
「ほいくえんいきたくない」
と言うようになったのが、こないだの日記の日。

“逃げたい”の方法が、なぜ「トイレ」なのか
それはよく分からないのだけど、
「まだうんちがトイレで出来ないこと」や
「一度だけ昼寝時におもらししてしまったこと」など
どこかに「トイレへのコンプレックス」があるように
感じます。
早いとこ、うんちもトイレで出来るようになれば
それが自信になって、パッと切り替わるのでは…と
励まし褒めつつやる気を出させているのだけど、
“三歩進んで二歩下がる”状態で、なかなか進まない。

そして、トイレへのコンプレックス“だけ”でも無さそう。

根底にはどうも
「もっと、ママと居たい」って気持ちがある気がしていて。
パパと二人きりで話してもらって、聞き出してもらったり
私からもゆっくり話をしたり、しました。

栞の異変は
私の仕事が忙しかった時期と重なるので、
きっと私のせいなのでしょう。私がいけないのでしょう。

夫にすら「怖い」と言われてしまうくらい
怒りすぎている時があるみたいなので、
もう少し怒らないように、感情的にならないように
しなければならないのかもしれません。


栞との時間を大切にするように
心がけました。

でも「怒らない」は無理です。
怒らなければならない時には、怒ります。

二人きりでスーパーにも行きました。
欲しがる物をなるべく買ってあげたり
中でも“一緒に遊べる物”を買って、一緒に作って遊んだり。
「大好きだよ」って毎晩言っています。
栞に怒るだけでなく、実がいたずらした時には
実にもちゃんと怒るようにしたり。
夕飯作りの一番忙しい時間も、なるべく栞の相手をしたり。
怒らないように。なるべく怒らないように。
話をたくさんする。褒める。触れる。遊ぶ。

そして
「何でも、ママに話していいんだよ」
「何でも、先生に話していいんだよ」
と言い続けました。我慢をするなと。何でも言ってくれと。


そうしたら急に
「ママ、ぎゅーってして?」
と言うことが増えました。
どうしちゃったの?ってタイミングで急に言ったり。

いいよ、毎日何回だって言っていいんだよ。
何回だってぎゅーってするよ!


日に日に
「トイレいきたい」の症状は、良くなってきました。
先生にも朝の表情が全然違う、と言われて
少し安心しています。

栞なりの、反抗。
栞なりの、抵抗。
それは、栞なりの我慢。からくるものだったのかな。


ダメなママです。
これから、もっと大変になるのに
どうしたらいいんだろうと、思ってしまうこともあります。
栞と共に。
栞に寄り添いながら、乗り越えていかないといけない。



先日、電車でお出かけした時の写真。
とても嬉しそうでした。
201908_224251.jpg

あなたの笑顔のためなら、どんな苦労もいとわない。
いつも忘れずに、持っていないといけない。

ごめんね、栞。
一緒に、頑張ろう。






posted by ちぃ at 23:51| 栞と育児

2019年08月02日

蚊に刺されたくない。

栞はとにかく虫が嫌いで
小さな虫でも嫌がります。

最近する、このポーズは、
「蚊に刺されたくないポーズ」なんだそう。

20190801_163423.jpg
外に出た時、気付くとこのポーズをしてて
それが可愛くて可愛くて…。

ツボなんです。(笑)。




posted by ちぃ at 23:52| 栞と育児

2019年07月31日

知育菓子っていうらしい。

女の子らしいことが好きになってきたなぁ。

粉とか水とか混ぜ混ぜして
お菓子を作るやつ。
スーパーでせがまれたので、買ってみました。

20190731_165237.jpg

初めて買ってみたけど、これ楽しいねー!
昔よくやった、ねるねるねるねみたいな。

これは“おまつりやさん”だそうで
チョコバナナ・りんご飴・ポテト・とうもろこし
を作るお菓子でした。

栞、細かい作業もなかなか上手に出来るようになり
楽しそうに作っていました。

出来上がったお菓子。
半分くらいは食べてたけど
案の定「もういらなーい、ママたべるー?」と。

ま、作る方重視だよね、こういうのってね・・・。

それにしてもすごいなー、クラシエ!
これはねー、子どもにとっては楽しいよねぇ。
私の方が感心して、夢中になっちゃうくらいだもんな。

でも栞、どうしてこんなもの知ってるのか?
って考えると・・・
間違いなく、Youtubeだな・・・。
こういうの作ってみたとか遊んでみまーすとか
いっぱいあるから、きっとそれで知ったんだろうな。
恐るべし・・・。



posted by ちぃ at 23:04| 栞と育児

2019年07月27日

「ピアノ、ほしい!」

今日は
栞にとって初めての“ピアノ”に触れる機会を頂き
楽しそうにしていました。

お歌をたくさん歌ったり、踊ったり
ピアノを触らせてもらったり
本当に楽しそうでした。

最近“習いごと”というものの存在を教えたものの
「しおりは、できないもん!」
と決めつけ、何も習いたくないと言っていたのだけど。

今日は
「ピアノ、ほしい!」
って言っていました。

ふっふっふ・・・

ふっふっふ・・・罠にかかったな栞・・・(笑)

ママは、栞にピアノを好きになって欲しかったのだ・・・。

ふっふっふ・・・。

だって、あんなに歌が好きなんだもん、
ピアノも好きになるに決まってる!と思ってね♪


とっても有り難い機会を頂きました。
お誘い頂いたお友達と、ピアノを教えてくれたお友達に
感謝、感謝です。


子育て。
大変だけど。
みんな頑張ってる。
涙流しながら、汗垂らしながら、寝不足の中
みんな頑張ってる。
ママはね、みんな「同士」なのだ。
だからね、会うと元気になれるんだ。

ほんとに、ありがとう。




posted by ちぃ at 23:31| 栞と育児

2019年07月26日

「保育園行きたくない」。

滅多に言わない栞が、言いました。

ここ1〜2週間
先生とお話しつつ
少し不安定になっている栞に
どうしたら落ち着いてもらえるかを
考えている所でした。

それでも毎日「保育園楽しい」と言っていたので
保育園自体がイヤな訳ではないと、思っていたのに、
今日は久しぶり…というか過去1度しか言ったことないので
今日で2度目…の「保育園行きたくない」でした。

実が産まれてからずっと
良いお姉ちゃんで居てくれている栞だけど、
栞なりに、きっといろんな感情があるのだろうと。

行きたくない理由は、コレという1つの理由ではなく
色々と複合的な気持ちのように感じていますが、
「ママとたくさん一緒に居たい」
これが1つ大きく関わっているような気がしています。

今日は「仕事をしたかったのに」の「のに」を封印し
なるべく怒らないように…
なるべくたくさん遊んで過ごしてあげよう…
そう決めて、保育園をお休みさせました。

とても嬉しそうに、楽しそうに
1日過ごしていました。

でも
今日お休みするのは、特別。
月曜日は元気に保育園行こうね。と約束したのに
やっぱり月曜日もお休みしたい。と駄々をこねました。

怒らないように…怒らないように…
じっくり話をしました。
栞はたくさん泣いていました。

そしたら。

もう、おっぱい吸いながら寝たいよぉ…ってはずの
実が
 しおりちゃん泣かないで?
 だいじょうぶだよ
と言っているかのように、栞に近付き
顔に“ぶちゅぅぅぅ〜〜”っと、チューしました。
にたにた笑って、嬉しそう。
そして、栞も笑って、嬉しそう。

栞から、じっくりと話を聞くことが出来て
少しだけ落ち着いてくれたかなと思う。
月曜日保育園行く!と機嫌を直してくれて
布団に入ったらすぐに、寝てしまいました。
泣き疲れたもんね…。



もしかしたら
私に足りないものを
実が補ってくれているのかもしれません。

実、やっぱりすごいです。



posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年07月12日

夏祭り。

今日は栞の保育園の夏祭りでした。
昨日の夜からずっと雨で
園庭で行うのは難しいと思っていましたが、
出し物だけは室内で
盆踊りの時だけ外で、行うことが出来て、
良かった!

昨日大きなてるてる坊主作った甲斐があったね!


栞は
踊りがとっても上手で
ママは、感動しました。

踊りが始まるよ〜との先生の声に
いち早く並んで、いち早くポーズを取って
最初の“腰に手を当てるポーズ”のまんま、ずっと
気合いの入った表情で曲が始まるのを待ち
誰よりも嬉しそうに
誰よりも楽しそうに
踊っていました。

ママ、泣いちゃったよね。うん。
たくさん練習したんだもんね。すごいね。偉いね。


今年も、思い出が出来ました。
一年一年、成長が見られて
本当に嬉しいです。


IMG_5045.JPG

マザウェイズで買った浴衣。
着るのをとても楽しみにしていました。
写真は、夏祭りに行く直前
ポテトチップスを真面目に食べる様子です。




posted by ちぃ at 23:59| 栞と育児

2019年07月07日

七夕のお願いごと。

保育園に飾ってある
七夕の短冊には

「はやく しょうがくせいに なりたいです しおり」

なんて可愛いんだろう・・・と思って

改めて、今日家で
「栞は大きくなったら何になりたいの?」
と話をしてみたら、
意外な夢を聞くことが出来ました。

「イルカさんにごはんあげるひとになりたいの」

水族館に行った時の写真を
ちょうど昨日見ていたこともあってか、
栞は、そう言いました。

イルカさんにご飯あげる人のことを何て言うのか
聞かれたので
「水族館の飼育員さん、って言うんだよ」
って教えてあげたら、

「しおり、すいぞくかんのしいくいんさんになる!」

って。

どうやら、大人には「仕事」ってのがあって
大きくなって大人になったら「仕事」ってのをするみたい
じゃあ栞は何になろうかな?
ってのが、ちゃんと分かった上で・・・って意味では、
初めての「夢」な気がします。

他の子たちが
「プリキュアになりたいです」
「アイスクリームやさんになりたいです」
なんてお願いごとをしている中で、
「しょうがくせいになりたいです」
と答えたであろう栞が、本当に愛しいなと思ったけれど、
「水族館の飼育員」になりたいと言う、栞の
栞らしい夢に、ママはとっても嬉しくなりました。

叶うといいね!


ママの願いはひとつだけ。

「家族みんなが元気でいてくれますように」


posted by ちぃ at 23:26| 栞と育児

2019年06月21日

手作りのハンバーガー。

今日栞は保育園で
「お店屋さんごっこ」がありました。
何日も前から“商品”や“お財布”を
みんなで手作りして、今日の日まで準備してきました。

今年の目玉は、ハンバーガー!

KC4I0293.jpg

新聞紙や色紙を丸めたり貼ったりして作った
チーズバーガーとポテトとジュース!
すごい〜!!

トレイは、ティッシュの空き箱で出来ています。
ちゃんと全部がのるサイズになっていて
ジュースを置くための工夫もされています。
すごい〜!!!

先生方、毎年とても工夫してくださっていて
トイレットペーパーの芯や、牛乳パックやヨーグルトの容器
ありとあらゆる物を丁寧に取っておいて
作っている“商品”たちには、感動します…。
大人からすると、そんな“ゴミになってしまう物たち”でも
子どもにとっては、宝物になるんだなぁ…と。

他にも、沢山買い物をしてきました。

とっても楽しかったみたいで
今日は帰ってきてからずっと、ハンバーガー屋さんごっこを
していました♪

良かったね、栞〜!

KC4I0294.jpg




いやはや。
物騒な世の中になりました。
我が家の周りでも、こんなことが起きるとは…。
一秒でも早く、捕まって欲しいです。
月曜からの学校幼稚園保育園、みんなが
安心して通学通園できるように…どうか頼みますよ県警!!





posted by ちぃ at 00:00| 栞と育児

2019年06月17日

りんご病。

土曜朝、栞の頬が赤いと気付く。
日焼け?虫刺され?
いやなんか違う気がする。
起きてからずっと機嫌が悪い感じが
体調悪い時の感じな予感が…。

土曜夜、二の腕にも発疹らしきものが。
やっぱりなんか怪しいな。
一日中、熱は上がることなく
食欲も元気もある。

日曜朝、頬が赤いだけでなく腫れぼったい。
虫刺されではないな。
二の腕と太股にも発疹(というか全体に赤み)。
調べてみると、りんご病。間違いないな。

そっか…。
熱が出ない場合もあるとは、知らなかった…。

今朝、小児科。
りんご病で確定。
赤みが出た時点ではもう感染力はないらしく
明日から登園可。
移しているとしたら、もう既に誰かに…って話なので
実と、何でも移りやすい夫に
移ってないことを祈りつつ…。

その後、赤みは若干薄くなった気が。
赤みのピークは昨日だったっぽい。
190616_1005~01.jpg
…赤いの、なんか可愛い。

機嫌が悪かったのは、体のだるさがあるからか。
昼寝も普段よりたっぷりだった。
でもそのせいで、夜はなかなか寝付かず…。
ふぅ。

名前のついた病気にかかったの初めてだったから
なんかついにキター!って思ってしまった。
これから水疱瘡とかおたふく風邪とか…
怖いなー。
でも誰もが通る道。仕方ないよね。


ママ、仕事が捗らず参ってるよーーーーーーーー


早く良くなるといいね!
posted by ちぃ at 23:39| 栞と育児

2019年05月23日

泣いてばかりの保育参観 〜栞と育児〜

楽しみにしていた保育参観。
栞も勿論、今日を楽しみにしていたはずなのに。
やっぱり、今回も沢山泣いてしまいました。
過去4回の保育参観も全て、泣いてばかりでした。
もう3歳児クラスになったんだし
今回は大丈夫かな?と思っていたのだけど。

朝の歌は、歌えず、
折り紙での制作も、泣いてご機嫌ななめ。
みんなは親と離れて、並んでお部屋を移動しているのに
栞は「パパと!」「ママと!」手を繋いでないとダメ。
外での遊びもずっと泣いていて
オニをやりたい!と言った割には
泣きながらただ走るばかりで。

“イレギュラーに弱い”
ずっと、変わらない。なかなか、直らない。
いつもと違うことが起きると、泣いてしまう。
それに加えて最近は、それに対して私が怒ると
余計に泣き叫ぶ。

あまりに言うことを聞かないし
みんなと同じことが出来ずに、輪を乱してしまうので
私は、他の方が居る前で怒鳴ってしまい
もう帰ろうと言いました。
“あぁいけないな、止めなくては”という自分と
制御できない感情的な自分とが居て
結局、怒鳴ってしまいました。

見かねた園長先生が、声をかけてくださいました。
パパに栞を任せて、給食の準備に入ったタイミングで
私だけ園長先生とお話することが出来ました。

「みんなは出来ているのに、どうして栞はできないの?」
これは今の栞ちゃんにとってはNGワードかもしれません
とアドバイスされました。
普段は、一度だってあんな風にパニックになり泣くことなんて
ないのだから、
いつもと違うという状況が苦手なだけ、
まだ3歳なんだから、出来ないことだって沢山ある、
お母さんの怒る気持ちはとってもよく分かるけれど
きっと怒れば怒っただけ、反対のことをやりたがるだけ、
泣きたいなら泣かせる、抱っこして欲しいと言うなら抱っこする
気が済むまでそうしてあげていいんですよ、
否定してしまっては、栞ちゃんの個性が潰されてしまいます、
お母さんはとてもキッチリされているので
栞ちゃんにもそうさせたくなってしまうかもしれないけれど
みんなと同じことが出来なくても、まだいいと思いますよ。
そんな風にアドバイスをくれました。

栞は、本当に歌が上手で
朝の歌もきっと上手に歌ってるんだろうな。
お外でも、楽しく遊んでるんだろうな。
いつもの様子を見たいな。
そう期待して、保育参観に来ているのに
いつもの様子なんて見ることは出来ず
泣いてばかり。
なんでうちの子だけが、泣いてるんだろう。
なんでうちの子だけが、対応出来ないんだろう。
他の親御さんからしたら、保育参観の度に泣いていて
普段からこんな子なのかな?って思われてしまうだろうな。
本当は…本当は…こんなじゃないのに…。

他のクラスの子に一人、ダウン症の子が居ます。
その子の親御さんは、いつもとてもにこやか。
今日も、その子がみんなと同じように出来なかった場面でも
手を差し伸べ、にこにこ。
とてもゆったりのんびり育児をされているのが
伝わってきました。
それを見て私は、我に返りました。

きっと、私の怒り方がいけないんだな。
私の思いは「親としての思い」であって
「子どもに寄り添って」いなかったと、気付きました。
子どもは決して親の思うようには、動かない。
親が恥ずかしい思いをしようと、栞には関係ない。
栞は栞で、今日きっと「精一杯」頑張ったのだと。

泣き叫んでる場面で、力尽くでもどうにかしないとならない
そういう時もあるでしょう。
でも、全ての場面でそうかと言われると…。
まぁいっか、時間がかかったとしてもまぁいいか。
まぁいっか、恥ずかしい思いしたとしてもまぁいいか。

私にはやっぱり「まぁいっか」が足りないのではないかと。

こうして綴りながらも、自分で自分を整理しようとしています。
今日は、子どもの前で涙を見せないようにするので
いっぱいいっぱいでした。
情けない母親です。

真面目に考え過ぎなのかもしれません。
だから「まぁいっか」が自分の中に、生まれてこない。

栞にはいつもいい子で居て欲しい。
いつもいい子の子どもなんて、きっと居ないのに。
分かっているのに、勝手にそれを求めてしまっている気がして。

今日は、給食の時間になったらにこにこ笑顔に戻りました。
パパがそばにずっと居てくれてたからかもしれません。
パパは優しい係、私は怒る係。
怒ることが不必要だとは、やはり思えません。
怒ること叱ることも、必要だと思うから。
だけど、怒り方叱り方を工夫するのは、親の努めなんだろうな。

後で栞に「どうして泣いちゃったの?」と聞いたら
『恥ずかしかったから』と答えました。
みんなのパパママが来ていて、恥ずかしかったと。
栞は、出来ないところを人に見られるのを嫌います。
大人でいえば「プライドが高い」ような面を持っています。
いつものまんまでいいのに、それが出来ない。
とても難しいです。
少しずつでも、成長してくれればそれでいい。

ママも頑張るね。


育児日記。
誰かに読んでもらうためではなく、自分のために
綴ってきました。
需要はないだろうと思うし、読みたくない人もいると思います。
でも私は書き続けると決めました。
それは、いつか栞と実が子どもを産んだ時に
あなただってこうだったのよ、ママだって同じだったのよ
そう思ってもらえるように。
そのためにも、書き続けると決めました。

全ては、栞と実のために。
あなたたちが、私の人生全てです。



posted by ちぃ at 23:30| 栞と育児

2019年05月10日

3歳6ヶ月 〜栞と育児〜

昨日は3歳半検診。

泣きっぱなしで、問診や診察もろくに話すことが出来ず
言葉の発達なども見るはずの検診なのに
「名前(ー)」とか書かれる始末。
自分の名前どころか、普段は寝る瞬間までずっと
しゃべっているというのに。

やっぱり“いつもと違う雰囲気”に弱い栞。
月末の保育参観も泣くだろうな…きっと。
その辺の適応能力が足りないのか
もしくは神経質過ぎるのか
成長が早いからなのか遅いからなのか、分からない。
そういうのを聞くはずの、検診だったのに
何だか不完全燃焼で終わってしまった。

身長は、96.7cm。体重は、14.7kg。
大きくなったなぁ。

1日1つは、どうしようもないワガママを言うようになり
どうやらイヤイヤ期とはまた違う、
第一次反抗期と呼ばれる時期が訪れたよう。
「駄目な事は駄目」と怒る役も必要だと思うので
ママが買って出るしかないのだろう。

一方で、可愛さは恐らくピークだろう。

本当におしゃべりが上手で
保育園の担任には
「栞ちゃんは本当に何でも知っていて
 上のクラスの子たちが知らないようなことでも
 知ってるんですよ。
 お母さんが沢山お話をされているからですね」
と言っていただいた。

平仮名はさっさと読めるようになっていたけど
濁音半濁音も、勝手に応用を利かせて読めるようになったっぽい。
ペンギンの絵の所に「ぺんぎん」と書いてあれば
 これはぺんぎんだから、「へ」に○で「ぺ」と読むんだ
というように、勝手に理解して読んでいる。
大したもんだ…。

耳の良さは、私以上。
ドリカムのライブBlu-rayを毎日見ていて
歌詞含めすぐに歌を覚えるだけでなく
りんちゃん(Backing Vocal)のパートの音まで
聞こえているらしい。
親子でハモる日も、そう遠くないかも…♪

毎日おままごとで料理を作ってくれる。
「おさとういれて……よし!
 こむぎこいれて……よし!
 たまごいれて……よし!」
と言いながら何か作っていて…その「よし!」が可愛くて…!

今日保育園のお迎えに行ったら
先生と一緒に満面の笑みでやって来て
「ママいつもありがとう」
と言って、絵をプレゼントしてくれた。

20190510_165551.jpg
(ママと実の絵が描いてある)

いつも夕飯の時
あれもこれもおいしいと言って食べてくれて
「ママおりょうりじょうずだね」
と褒めてくれる。
「ママは、栞がおいしいって食べてくれるのが
 一番嬉しいんだよ」

ありがとう。

ママはまた今日も、涙が出ました。

20190510_165539.jpg

いつだってママは、栞のことが大好きなのよ。

ありがとう。


posted by ちぃ at 23:24| 栞と育児

2019年05月09日

お月様は見ている。

今日は新しいお花を買いに行きました。

既に咲いている花の鉢をいくつか、と。
これから咲く花の種をいくつか、と。

栞と一緒に植えました。

今日は
忘れ物がいっぱいだったり
怒ったり怒鳴ったり泣いたりしてしまったり
最悪な一日でした。

栞のワガママを
栞の成長と捉えるべきなのかもしれないですが
こちらがしたいこと、正しいと思うことを
受け入れてもらえないことが続くと
じゃあどうしたらいいのと、全て投げ出したくなります。

お花を愛でる素直な栞。
ワガママを言うのも素直な栞。

どちらも可愛い栞のはずですが
怒っている時の私は、栞を可愛いとは思えていません。

夜には三日月が明るく綺麗でした。

車が止まるとお月様は止まり
車が動くとお月様も動くので
栞は「おつきさまはついてくるの?」と
不思議そうにしていました。

栞に「お月様はいつも栞のこと見ててくれるんだよ」
と言ったら
栞は「じゃあありがとうだね」
と言いました。

いい子の時も悪い子の時も、お月様は見ているんだよ。
だからいい子にしてないとね。
と言ったのだけど。

きっと
いいママの時も悪いママの時も、お月様は見ているね。
今日のママは、悪いママかもしれないな。

逃げられないことを、一人で抱えすぎなのかもしれない。
本当は少しくらい逃げても平気なことまで全て
一人で抱えすぎなのだとしたら、少し
頭と心と体を、休ませないといけない。



お花、夏には咲くといいな。





posted by ちぃ at 23:17| 栞と育児

2019年03月29日

年度末。

今日で、今年度の保育園が終了。
栞の保育園生活2年目が、終わりました。

栞の保育園では、乳児組と幼児組とで分かれています。
1歳児クラス・2歳児クラスと2年間お世話になった
乳児組の先生方やお部屋とは、今日でさよなら。
来年度からは幼児組になります。
過ごすお部屋が変わるだけでなく
ひとつふたつ上のお友達と一緒に過ごすことになるので
環境がガラッと変わります。
そして恐らく先生も…ガラッと変わります。
せめて担任の先生だけでも、持ち上がりだといいな…。

今年度の栞の制作をまとめたものを、もらってきました。
貼ったり塗ったりするだけでなく
ハサミを使って切ることも覚えた一年でした。

190329_2237~01.jpg

190329_2327~01.jpg

190329_2328~01.jpg
ママはこの「だるまさん」の顔がとても好きだよ。

190329_2328~02.jpg
桜の花びら、クラスで一番たくさん貼っていたのが
栞でした!

私の知らない所で
私の知らない顔をして
私の知らない時間を過ごしている。
こんなに小さい体で、3歳の頭と心で
いろんなことをいっぱい感じながら、頑張ってきた証。

いろんな意味で、ぐっと来ます…。

そして、栞に彼氏が出来ました。
…なんて言ったらパパが妬いちゃうかな(笑)。

前の家で近所だったお友達と、すっかり仲良くなって、
この1,2ヶ月、お迎えの時間が合う度に
一緒に帰っていました。
栞よりひとつ下のクラスの男の子です。
お友達くんも栞と一緒に帰るのを、毎日楽しみにしてくれてて
二人とも本当に嬉しそうに、一緒に歩いていました。

手を繋いで歩くのが嬉しいみたいで
恋人同士みたいなのです。

KC4I0059.jpg

それが可愛くて可愛くて。

4月から、お友達くんのお迎え時間が変わってしまうので
一緒に帰ることはなかなか難しくなりそうで…。
今日が最後になるかも…と思い
今日だけはゆっくり遊ばせてあげようと、
保育園の後、うちに来てもらって一緒に遊びました。
そして、2家族みんなで夕飯も一緒に食べに行きました。

栞もお友達くんも、最後はバイバイしたくないと
泣いてしまったけど。
お互い、保育園を辞める訳ではないので
今まで通り会えるし、遊べるんだけどね。
一緒に帰れなくなっちゃうのは、寂しいね。ママも寂しい。
ママ同士も意気投合、何でも話せる仲になってきたので
これからも長いお付き合いが出来たらいいな…。


栞の一年。
私の一年。
よく頑張りました。
月曜日からは、早速来年度が始まります。
また頑張ろう。

栞はとりあえず、その鼻風邪を、治そう………。


posted by ちぃ at 23:51| 栞と育児

2019年03月10日

3歳4ヶ月 〜栞と育児〜

7日で、栞3歳4ヶ月に。

トイレトレーニング、驚くほど順調に進んでいます。
保育園の日は
 家を出る時オムツ→園についたらパンツに
 →おしっこは行きたくなったらトイレで
 →お昼寝時はオムツ→起きたらパンツに
 →お迎え時までにオムツに履き替え
…と、先生が履き替えてくださり、本当に頭が下がります。
…が、もうその履き替えが必要ないかも!と
言っていただきました。
お昼寝の時にもうオムツでしちゃってることがほとんど無く
パンツのまま寝ても平気かも〜と。
その代わり、万が一漏らしちゃった時の為に
防水シーツを用意してもらえると、布団干さずに済むので、と。
早速この土日で用意しました。
また別の出費がかかったとはいえ、
オムツを大量に買ってた時を思えば、楽なもんです。
すごいなー、栞!
3歳児クラスに進級するのを前に、大きな成長を見せてくれてます。

でも、うん○は全く駄目…。
やっぱり、完全制覇までは程遠いね。
少しずつ、進めようね…。
きっとまたベストなタイミングが訪れるのだろう…。

家にいる間、ずっとしゃべっています。
テレビやyoutubeに集中している時以外は
ずっとしゃべっているか、私に話しかけてくるか、
○○屋さんごっこをしているか、です。
私にも、ぼぉーっとしたい瞬間とかもあったりするので
常に話しかけられていると、さすがにイラッとしてしまう時も。
あとは単純に「え?何?」と何て言ったか聞こえてなかったりとか。
いやぁ…3歳児ってこんなにもおしゃべりなものなのかな?
栞、特別なのかな…(汗)?
でも私自身も子どもの頃そうだったみたいだから…
それがママとなった今、自分に“返って”きてる。のかなぁ…。
ほんと疲れるのよ…。

「きょうはさむくなかったね、しおりさむくなかった!」
『うん、そっかぁー。』
「さむくなかったから、つめたいものたべてもいいかなぁ」
『んー??(気付かないふり)』
「つめたいものー……」
『アイス食べたいんでしょ??(笑)』
「うん…」
最初からハッキリと「アイスたべたいな」と言わないのです。
遠回しに言ってくるのが、おかしくておかしくて。

今日は、アイス屋さんごっことお医者さんごっこを
交互に何度も繰り返していて、何だろう?と思っていたら…。
どうやら、
 アイス屋さんでアイスを沢山食べたから
 お腹が痛くなった、なので病院に行こう
というのを再現しているようでした(笑)。
…細かい。設定が細かいよ、栞。

KC4I0110.jpg
先日、メルちゃん(お人形)に、おっぱいをあげていました。
とても真面目な顔で
「しおりのおっぱい、おおきくなってきたでしょう?」
と言っていました(笑)。
ここ、私が普段座って実に授乳している椅子なのです。
よく見ているなぁ…と…。感心します。

なかなか栞を思い切り遊ばせてあげられてなく
久しぶりに市の施設に行って来た時。
トランポリンのようにボヨンボヨンしている所で
跳ねたり走ったり。
KC4I0043.jpg
あんまりそういうことしなかったのに、いつの間にか上手に。
走るのも速くなってきたなーって思ったら…
他の子の方がもっともっと速く走ってましたー…。

相変わらず、実のことが大好きで大好きで
毎日たくさんくっついています。
「みのりちゃん、だいすきだよー」
20190309_105021.jpg

「しおりも、いーれーてー」
20190308_171226.jpg

今は、実が動かないからいいけれど
この先ハイハイするようになる頃には
栞のおもちゃを実が取ったりいじったり、することも
あるかもしれない。
そんな時「みのりちゃんいいよー」って言えるかな?と
聞いてみたら、「うん!いいよーってできるよ!」と。
そっかぁ!偉いね!じゃあ一緒にあそーぼー!してあげてね。
偉いね、と。たくさん褒めてあげました。
実際その頃になったら、栞がどんな反応するか…。
不安もあるけど、楽しみです。
それで「駄目!栞の!!」とか喧嘩になったとしても
それはそれで成長なのかな、と思います。

プリキュアにハマり始めて
新しい主題歌を覚えて踊っています。
歌の仕事をしている私も、一応曲を覚えるのは早い方なので
躍起になって負けじと覚えて歌っています(笑)。
いろ〜んな歌を歌えるようになり
きちんと音程を取って、半音のメロディや
ラスサビで転調しても難なく歌っているのを見てると
間違いなく私よりも歌が上手になるな、と。
親バカですね。

食べるのが遅くて毎日怒ってしまったり
イライラしてしまったり
だけどそれで怒って怒鳴ってしまった後
あぁまた今日も怒ってしまった、どうしてだろう
その繰り返しです。
最近「ママおこってる?」と聞かれることがあり
ハッとさせられます。これじゃいけない…。
上の子には厳しい、下の子には甘い
そういう思いをさせたくない、私がそうだったから…
だけど、させてしまっているのかもしれません。
下の子がまだ赤ちゃんだから、仕方ない部分もあるけど
栞を怒ってしまったら
それの2倍も3倍もたくさん褒めたり抱きしめたり
せめて心がけようと思います。

栞の全てが可愛くて
毎日大好きだよと何度も伝えています。
ほっぺたが可愛くて。お手々が可愛くて。
「トイレッポペーパー」「おすくり(お薬)」
「めめくして(女々しくて)」などなど。
言えない単語録が本当に可愛い。
「ぱぺぴぷぺぽぱぽロマンチック(プリキュアのED)」が
難しくてゆっくりになっちゃうところも、
全部全部可愛い。
大好きだよ。

KC4I0106.jpg


さてこちらはというと。
4ヶ月半になりまして。
毎日順調に、筋トレに励んでおります。
もう少しで、平らな所でも寝返り成功させそう。
お座りも、前屈みになっちゃうけど上手になってきました。
KC4I0052.jpg



posted by ちぃ at 23:46| 栞と育児