2011年04月28日

49日。

震災から四十九日。

通常、人が亡くなってから
四十九日経つと
故人がお墓の中で眠るのを
家族は見送り、祈り
ひと区切り。するものだけれど、

3月11日から四十九日が経ったと言われても
到底、ひと区切り。という風には考えられない。

一歩ずつ。とは言うけれど
あまりに歩みが遅く
本当にもどかしい。

テレビで
この四十九日に、娘さんのご遺体が見つかったと
もう顔がわからないけれど
左足にミサンガを付けていて、確かに娘だと
見つかって…会えて良かったと
お父様は、微笑んでいらっしゃいました。

悲しみや辛さの中で
そこに存在する微笑みを見て、私が感じたことは・・・

・・・いえ、何も言葉が思い浮かびません。

気持ちを表す言葉が、見つかりません。

震災直後は
死者<行方不明者
でした。
でも今は
死者>行方不明者
です。

少しずつ前へ進んでいるのを感じます。

ひとりでも多くの方が
ご家族の元へ、帰ることが出来ますようにと
ただただ、それだけを願うばかりです。







今日の私のBGM。なし。
posted by ちぃ at 00:00| 日記