2011年04月16日

怒り。感動。

先日、福島県から避難し
他県の学校に転入をして、新しい学生生活をスタートさせた子が
同級生から避けられるなど、嫌がらせを受けたという
ニュースを目にしました。

私は、怒りで震えました。

そんなことはぜっっっっっっっったいに起こってはいけない。

放射線は、確かに怖いです。
ですがそれを、正しい知識として諭すのが大人の役目なのに
こういったことが起きてしまう現実が、信じられません。

子どもには責任はないと思います。
悪いのは、大人です。

避けるどころか、関東人は福島県民に謝らなければならない立場。
福島第1原発は「東北電力」ではなく「東京電力」だということを
しっかり肝に銘じておかなければならないというのに。

本当にどうかしてる。

福島県民お断り。と書かれた看板が
お店やガソリンスタンドに置いてあったり、
ホテルでは、福島県民だというだけで宿泊を断られたり、
という信じがたいことが、実際に起こっているといいます。

あまり悪い表現を使うのは、良くないかもしれませんが
敢えて私は言いたい。

これって、ヒトラーと同じだと思う。

こんなことは絶対にあってはいけない。
ましてや、子どもに対してなんぞ、更に絶対にあってはいけない。

その傷は、本当に深いと思う。


その一方で、今日
仙台空港付近の海岸に、空から見えるように大きく
「ARIGATO」という文字を、木の枝で作って
被災者が米軍特殊部隊へ、感謝を表してくれた、という
ニュースを目にしました。

うれしかった。
ぐっと胸がつまった。
感動した。

「ありがとう」という言葉が
どの世界各国にも知れ渡る、有名な日本語となるように
多くの人たちが「ありがとう」を口に出来るような
そんな気持ちを持って、いつも「ありがとう」を忘れずに
いられたらいいなと思います。







今日の私のBGM。なし。
posted by ちぃ at 00:00| 日記